FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

わたしが愛した陸上競技


GWだというのに、こころは沈んでいる。
昨日、ジャズを始め、洋楽を歌いまくったのだが、ほんとに一人カラオケって、淋しいな。
誘える人間はいなくもないが、みんな生活保護を受けたりしているので、休日の割高料金につき合わせるのも悪い。

はぁ…、昔の陸上仲間たちは、どーせ旅行でも行って、楽しくやってんだろーよ。
わたしは、病気になってから、仲間外れにされたからね。
それはもう、露骨なまでに。
だから、もう思い出したくないから、彼女らとは縁を切った。
優しかった思い出だけが、わたしを苦しめる。

高校時代、わたしは無邪気に彼女らを信じていたが、彼女ら、特に同じ短距離をしていた双子姉妹にとっては、わたしは全国インターハイに行くための、道具だったんじゃないかな。
彼女らは、個人では大阪大会で準決勝にも残らない選手だったので、インターハイに行くには、4×100mリレーで勝つ必要があり、それにはただ一人12秒台を持っているわたしの力が必要だった。
わたしは、使われていたんじゃないのかな……。

近畿インターハイでは、決勝でまさかの敗退をしたが、闘争心のないわたしは、「なんで、バトンが回ってくるのが、あんなに遅れたのかな?」くらいにしか考えていなかった。
たぶん、闘犬並みに闘争心の強い二人が、一走のフライングを見て、固くなったんだと思う。
あのとき、みんな泣いていたけれど、何故だろう、わたしの心のなかに、「バトン持ってくるのが遅いから、こうなったんじゃない…」と冷ややかな視線があったのは否めない。

その後、わたしは一人でインターハイに行って、帰ってきたら、ほぼ大学入学が決まっていた。
…そこでまた、闘犬姉妹によるイジワル事件が起こるのである。

闘犬姉妹は、わたしが入学を決めた大学と志望が同じであった。
そんで、彼女らはわたしに耳打ちしに来たのである。
「ゆみは、推薦入学やけど、推薦は成績が5段階中3以上やないと、あかんねんで。だから顧問が、ゆみの成績が3なかったから、3に改ざんして大学に提出したって言うてたで」

わたしは、びっくりした。
当たり前だが、自分のことだから、よく覚えている。
でも、向こうは単なるイジワルだったから忘れているのか、ばっくれているのか知らないが、物凄く尊大な文面で、「わたしたちは、作り話をするような生き方をしていません」と思い切り上から目線のメールをよこしてきた。
顧問が、「俺、そんなことしてないで」って、明言しているのにね…。

あとから、大学の先輩で、同じく体育教師をしている人にぼやいたら、その人は「あの二人なぁ…、じつは府内の体育教師の間でも、よー悪い噂、耳にするねん…。闘争心が激し過ぎて、一緒にやるの嫌や、とか…」とやっぱりね情報をくれた。
あの闘犬姉妹、誰か始末してくれないかしら。
昨日の友は、明日の敵(そんな言葉、あったかな?)。
信じ続けていた期間が長かっただけに、恨みも大きいわよ!

はぁ…、いつの間にか、話が陸上競技になってしまった。
kkから、障害者国体の話を聞かされたからかな。
陸上競技場、懐かしいなあ。

結局、告白すると、いままでの人生でわたしがいちばん愛したのは、陸上競技なの。
人間は駄目ね、すぐ裏切るからさ。
あと、アルコールか、わたしを裏切らなかったものは。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。