カラオケ三昧 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

カラオケ三昧


昨日も、カラオケ三昧だった。
ダイアナ・ロスとか、ビリー・ジョエルを歌っていたかな。
ビリー・ジョエルは、あれで結構シャウト系ですな。
うちの妹なんかは、Rの発音が田舎くさくて嫌いだって言うけれど。
じゃ、都会っぽく歌えばいいんじゃないの??

paris matchも歌ってみたけれど、日本語なのに、速くてついていけんぞ?
当たり前だが、日本語だろうと英語だろうと、大抵の人は字幕を読むのだから、慣れが必要なのだ。
速い曲は難しいし、バラードなんかは簡単。
そして、paris matchに至っては、音階も平坦ではないので、日本語の曲だからって、なめちゃーいけない。
わたしはむしろ、洋楽バラードの方が歌いやすく感じますね。
あ、これはたぶん、エレクトーンを弾いてきて、正しい音階があたまに入っているからか…。
なんしろ、最近の邦楽は難しいっす。

そんなわけで、昨日は4時間歌って670円くらいだったと思うんだけれど、そーすると、フリータイムで朝から夕方までいるのと値段が変わらない、逆転現象が起きちゃうのよね。
でも、毎回、一人カラオケでフリータイムの部屋を奪っちゃうのって、どうなの? と良心が咎める。
一人、近所に住んでいるデイケアのおじさんがいるが、おじさん、わたしの歌がわかっていないみたいだし、だいいち生保だからね。
わたしの周りは、みーんなお金のない人たちばかりで、遊んでいる場合なんかじゃないのよ。
わたしもいずれ、そうなるんだろうけどね。

わたしの窮状を知る由もない彼氏kkが、明日食事しようと言ってきた。
彼は、毎回、食事代を出してくれる。
見返りなんて、ないのになあ…。
ほんま、身体障害者の人は、前向きで元気やな…。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。