懲りないFさんからのメール - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

懲りないFさんからのメール


昨日、またニセうつのFさんから、メールが届いた。
…なんでも、あまりに多くの人が、Sさんの死を悼んで、なにかしたいと言うので、今度、Sさんのご家族がクリニックに来られる際、デイケアスタッフが善後策を話し合うことになったというのだ。

それはよかったと思う。
あのまま、Fさんが窓口になっていたら、収集がつかないことになっていた。

そして、Fさんは、こうも書いていた。
自分は、もうデイケアの中でも最高齢に近いし、そろそろ社会に戻って、それから老人ホームに入ります、と。
ほーお。
それは殊勝なことだ。
スタッフにまた「就職しろ」って、どやされたかな。
何しろ、葬式欠席後、わずか2日でデイケアに出て来て、卓球なんかやっていちゃーね。
誰だって、コイツ、自分はうつだって、嘘ついているのがわかるよね。

それで、わたしも返信メールに書いておいた。
「就職するんですか? それはいいことです。Fさんのうつ病は、もう治っていますよ。激うつで葬式欠席後、わずか2日で表に出られるなんて、あり得ませんからね」

いかにもツンケンした内容だが、コイツバカだから、このくらいかまさないと、通じないのよ。
腹芸が読めないってやつ?
ほんとに社会人経験のある大人かよ……。

もうこれは、わたしの過去からに対する復讐だった。
わたしも、激うつで、何度も重要な告別式に出られずに、周りのひんしゅくを買い、「違うのよ~、出たくないんじゃないのよ~」と、暗闇の中でのたうち回りながら、世間のうつ病に対する冷たい眼差しに、涙してきた。
あのときの、苦しかった自分と、Fさんを、一緒にして欲しくないのだ。
だからFさんには、とっとと、精神障害者の集まるデイケアからは、出ていってもらいたい。
そして、障害者手帳2級(!)も、取り上げてもらいたい。
なんで、あんなのが2級なのよ!
たぶん、H主治医は、次の更新では2級の診断書は書かないと思うけれどね!
ちなみに、2級だと、大阪市では生活保護費が12000円加算される。
おまけに、地下鉄・JR・市バス等、すべて無料で乗り放題。
明らかな不正受給だと思うわ。
きっと、自分の症状を余程悪く申請しているのね。

なんだか、憎しみの詰まった話になってしまったが、肝心なのは、天国で遊んで暮らしているSさんと、そのご家族の気持ちよね。
ご家族には、今度お会い出来たときに、去年の障害者芸術文化フェスタで演奏したときの、録音テープを差し上げようと思うわ。
Mさん(G)とわたし(k)Sさん(V、G)で3人でやったものだけれど、再度聴いてみたら、Sさんのボーカルが、めちゃヘボかったわ…。
じつは、予選のデモテープは、Sさんが緊急入院したため、ギター小僧のMさんがカッコよく歌ったものなのよ。
本選で、デモテープとあんまり違うんで、審査員は首を捻っただろうなぁ。
あと、スタジオ練習のときも、Sさんはチューニングに10分もかかるし、よく間違えるし、Mさんとは、帰りに一杯飲み屋で「えらい怪物をつかまされた」とぼやいていたものだった。
あれは、楽しかった思い出といえるのかなあ…。

思い出したわ。
あのフェスタのときも、Fさんは、「見に行きます」と言いながら、来なかったのよ!
みんなで、「あれ~? Fさん、来なかったですね」って、ちょっと不思議に思っていたんだけれど。
要は、あの人、人面がいいだけの面倒くさがり屋なのね。
また悪口に戻ってしまったけれど、Fさんのことは、二度と信用しないわ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。