大阪ミナミを歩く - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

大阪ミナミを歩く






一昨日・昨日は、彼氏KKとデートしていた。
KKの趣味は、食べ歩きその他いろんな場所へ行くことで、腰の重いわたしをあちこち連れ出してくれるのがいい。
おまけに、支払いは、全部KK持ちだ…、友だちに奢るとき、自分は大銭を出して、足らない小銭を友だちに出してもらう主義なんだそうだ。
うひゃー。
独身の若い男性は、金離れがいいのぉ。
一見、歳を取って収入も高い男性の方が、ぱっぱと出してくれそうだが、違うんだよね。
その人がまともなら、案外出し渋るのは、年配の方よ。
くわばら、くわばら。(?)

ところで、昨日は久しぶりに大阪はミナミを歩いたので、写真を載っけてみた。
そう、あの「ミナミの帝王」の舞台の、ガラの悪い土地よ。
ケバケバしくて、アメリカ村の方なんか行くと、もっとやばいわ。
だって、少し前まで堂々と電柱に、「マジックマッシュルーム売ってます」とか貼り紙していたもん。
一癖ある外国人も、多くたむろしていると思うわ。

それはともかく、写真は道頓堀の風景。
食い道楽のでかいカニが有名になると、みーんな真似し出して、いまは巨大餃子だの、巨大ダコだの、大きければいいオブジェがたくさん並んでいます。
こーゆー、アホなところが大阪人やなぁ…。

また、名前を忘れたけれど、チンドン屋さんも健在でした。
あれ? 甲子園球場に置くんじゃなかったっけ…って、あれは道頓堀川から引き揚げられたカーネル・サンダースか。
もしいたら、守り神よね。
阪神ファンが撫でて喜ぶんじゃないかしら。

そんなことで、昨日は、天気がよく、給料後だったせいか、すごく人が多かった。
円安を受けてか、外国人の数も増えているわ。
KKが疲れた、休むと言って、道端の植え込みに二人で座っていたら、東洋系外国人の夫婦に「ここは道頓堀ストリートか?」と聞かれて、「NO」と力なく答えるのであった。(実際は、御堂筋の南であった)
「道頓堀なら、ここをまっすぐ行って、右へ曲がるんだけど…えーと(どこで曲がるかなんか、目印まで知らないよ)」
「道頓堀はストリートなの?」
「そうですよ」
「ここに行きたいんだけれど」
外国人おばちゃんは、道頓堀ナントカのチケットを見せた。
「……(じーっ)道頓堀ナントカは、わたしは知らないわ」
「僕も知らない」
「そう、ありがと」

……役に立たない現地人であった。
でも、KKもわたしも、そうしょっちゅうミナミを徘徊しているわけじゃないしなあ。

その後、元気を取り戻したKKが連れて行ってくれた店がアタリだった!
地中海料理の店で、中近東からスペインまで、わたしの好きな感じのメニューがたくさんある!
わたしはピカタと中近東めし、KKはクスクスと魚介類のスープを頼んで、二人でシェアした。
美味しかったー!
中近東めしって、独特の香りがするけれど、あれ何だろう?

こうして、2日にわたるデートは終わった。
なぜ2日になるかというと、KKが障害者スポーツやらリハやらで忙し過ぎて、1日目の開始が20時になったりするからだ。
無理な予定を組んでいなきゃいいけれど。
今度は、知り合いのフランス料理を奢ってくれるそうですぞ?
わたし、鳩か羊が食べたいなあ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。