白浜旅行1日目 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

白浜旅行1日目


今日から明日まで、彼氏KKと和歌山は白浜へ行くのである。
KKは、新しい店やなんかを発掘するのが趣味、という女の子みたいなところがあるので、今回の旅行は楽しみにしているようだ。

わたしはと言えば、KKのプランに乗っかって、移動するのみ。
温泉と、白浜アドベンチャーワールドのパンダが楽しみだわ。
ここは、飼育員のパンダの育て方が上手くて、コロコロとよく生まれて育っている。
やっぱ、上野動物園と違って、パンダのストレスがないのかしらね?

そういえば、わたしはカラオケで歌うと、必ず目がうるうるしてしまう曲があるのよ。
それは、映画の主題歌「born free(野生のエルザ)」。
おまえは生まれたときから自由だ、ここにはおまえを囲む塀もないし、隠れる必要もない…みたいな歌詞なんだけれど、それが自然ってもんよね。
昔、確かシドニーオリンピックのとき、陸上女子400mで優勝したオーストラリア人が、オリンピック史上初のオーストラリア先住民族アボリジニ出身だったんだけれど、彼女の腕には、でっかく「born free」ってタトゥーが入れられていて、いまだ強いたげられている先住民族の誇りや主張を強く感じて、これまたうるうるしてしまったわ。
あらゆる土地を、先住民族から奪った19世紀の白人って、ほんと愚劣な奴らよね!

サテ、白浜アドベンチャーワールドのことだが、じつはどんな場所だったかは、よく覚えていない。
覚えているのは、わたしとツレが、ライオンの観察をしていたとき、いきなりオスがメスの一頭にまたがって、セックスを始めたことよ。
なにも、人の見ている前で堂々としなくても!
でもまあ、ライオンのオスがひどく怠惰であることはわかったわ。
あいつ、終わったらまたごろんと横になって、昼寝をかましてんだもん。
あんなやつ、怖くも何ともないわね。
オスは狩りをしないって言うし、目の前でベロベロベ~をしてやってもいいわよ。

しかし、そんなことをしても不毛なので、わたしは普通に動物の観察をしてきます。
ほんとうに行きたいのは、アフリカはタンザニアにあるセレンゲチー国立公園なんだけれどね。
これはマジのサファリで、敷地も巨大、動物も自然な状態で生息している。
何を隠そう、前述野生のエルザの子どもたちが送られた場所なのよ。
エルザ、早死にしちゃったからね。
「野生のエルザ」の著者が、子どもたちに対して行った措置なの。

とまあ、気分はアフリカ・タンザニアのつもりで、サファリパークを見てくるわ。
もっとも、アフリカにパンダはいないけれどね。
アフリカと中国が一体化した、摩訶不思議なゾーンを体験してくるわ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。