白浜旅行2日目 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

白浜旅行2日目


和歌山は白浜旅行2日目なのである。
といっても、いまは早朝で、今日は白浜アドベンチャーワールドを回る予定。

この旅行は、プランを練るのが大好きな彼氏KKによって、宿泊先から夕ごはんの店まで、すべて決められていたのだが、なかなかよかった。
部屋はコンドミニアム風で内装は落ち着いていてお洒落、どこか建築家のこだわりを見せるものだった。

夕ごはんの店も、地元民が集まる有名店で、メニューには、なんだか変わったものがあった。
カエルとか、ノドクロとか、難しい名前の貝とかね…。
そのなかから、わたしたちは、ウツボを選択した。
カワハギの刺身にも引かれたけれど、肝がついてなきゃ嘘だよな。
写真が、そのウツボくんである。
ウナギと形が似ているから、味も似ているんじゃねぇか? と思ったら、ビンゴだった。
骨があって、食感は悪いけれどね…。
あの獰猛な生物を食べてやったというだけで、力がつくじゃないですか!

ところで、有名国立大を出ていながら、なーんも知らんKKは、またアホなことを言っていた。
「ウツボって、貝じゃないの?」
「………!!」
我慢しろ、悪いのはKKじゃない。
すべてゆとり教育のせいなんだ。
しかし、わたしはウツボなんて小学生のときから知っていたぞ?
ある少女漫画に出てきていたのよ。
こんなの、学校で習う事柄じゃないわよ。
KKでこれなんだから、偏差値50以下なんて、たぶんみんな総崩れよ。
日本語を話すのに、困難を極めるわ。

なお、その後どーしても信じられなかったとみられるKKは、ウツボを検索して、「わあ、ほんまや」と、その怖い顔と対峙していた。
そこでピンときたのだが、「あんた、フジツボと間違ってんのとちゃうの?」ということである。
「貝で…、中を取り出して…」
「やっぱり、フジツボと勘違いやで。それやったら、原材料タダ同然やん。一皿1000円もするわけないやん」
しばし無言になるKKであった。
可哀想に、同じ年頃の女の子とだったら、こんなにやりこめられたりしないのにね…。
ついでに言うと、「コンドミニアム」も通じなかったので、「あんたは、ほんまに日本人か!」と言ったら、「コンドミニアムは日本語じゃない!」と反撃された。
あら、日本語だわよ。
いわゆる外来語よ。
変換にだって出てくるわ。

そんなわけで、わたしは昨日も言ったが、いまからでもまた、お見合いパーティーに出てもいいよ、と確認してある。
あれ、じつは茶飲み友だちが増えるだけで、運命の出会いなんてないんだけれどね。
やっぱ、KKはこれから結婚して、子どもも欲しくなるんだろうからさ。
同じ年頃の女性が周りにいた方がいいよね。

その代わり、わたしも素敵なおじさんを見つけたら、KKとはスッパリ関係を絶ち切らせてもらうわ。
当たり前じゃない。
わたしだけが、損な役回りなんて、ごめんよ。
KKの次は、寺尾聡(元彼KJが似ていた)がいいわ。
H主治医に「ふるぅ~」って言われたけれど。
あの人でも、テレビを見るのね。
どうでもいいけれど、日本語が通じる人、所望。
ウツボが貝だと思っていた、なんて、わたしに恥をかかせるようなことを言わないで。

明日はフランス料理を食べに行くんだけれど、またなんか間違ったことをしないだろーな。
わたしは食前酒を飲みたい派だが、やつはどれが食前酒になるとか、知っているんだろうか。
あと、わたしが嫌いなのは、結構多くの人がやる、「ワインの酌み交わし」なんだよ。
注がれるときは、グラスは置いたままにしとけよ~。
日本酒じゃないんだから、変だろ。

とまあ、わたしは文句の多いやつなので、KKも苦労するだろうが、そのぶん、次の女の子にえーカッコ出来るわよ。
ほんとに、アホだけれど、素直に育ったいい子なので、幸せをつかんで欲しいわ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。