不遇なわたしの男性体験 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

不遇なわたしの男性体験


今日、お見合いパーティーに行く予定をしている。
彼氏KKには悪いが、奴はまだ28歳、まもなく結婚して子どもをつくらなければならない身だ。

ところで、わたしには、キョーレツな男性不信がある。
何しろ、初めて付き合った人に二股をかけられ、3人目にもかけられ、4人目はよかったが、5人目にも二股をかけられ、あと6・7・8・人目には遊ばれ、9人目には二股をかけられ、10人目には遊ばれ、11人目には不倫で遊ばれ、12人目にはまたぞろ二股をかけられ、13人目には途中で他に女が出来たらしく逃げられ、14人目は付き合ってすぐ、べつの女を妊娠させて結婚してしまい、15人目は精神薬付けの最低人間で、多くの女と寝ていたらしいことが判明し、16人目はわたしが悪いのだが、あたまがボケているときに選んだ人だったので、あたまがはっきりしてきたら、「わたし、なんでこんな人と付き合っているんだろう?」と不思議に思って別れた。
この人は、人間的によく出来た人だったな。

次がたぶん、結婚するつもりだったキャプテンで、やっと幸せをつかんだ…と思ったら、案外この人、気難しくて、なにもないのに、突然ぷいっと車で出ていき、朝まで連絡せず帰ってこないことが2回あった。
ただ、キャプテンは女遊びするような性格というよりは、むしろストイックだったので、一人でなんかやっているんだろうと思ったが、「なんで、男性はみんなわたしを大事にしてくれないの?」というわたしの切実な思いは、頂点に達していた。
そして、まもなく破局。
キャプテンはひどいアトピーを持っていたのだが、彼を10年間診てきた医師によると、原因はわたしなんだそうだ。
失礼な。
でも、付き合い始めてから、急速に悪化したのは事実なんだよね。…

んで、次がガテン系のKくんでしょ。
この人も、二度目に付き合ったときは、既に女がいたはずよ。
だって、「なんでこんな大量に?」っていうくらい、コンドームを常備していたもん。
一回目付き合ったときはなかったのにね。
たぶん、相手は19歳でスナックに勤めていた、掛け値なしのドブス少女。
若いっていうだけで、つれ回していたから、男仲間からちょっとバカにされていたわ。
絶対、妊娠させたくなかったんだろうな。
そりゃそーだろ。

そして!
わたしにとって、「ああ、神さま、生きていてよかった!」と47歳にして、初めてと言ってもいいくらいの恋愛をしたのが、元恋人KJなのである。
彼はわたしの高校時代の先輩で、後輩たちからの人望も厚く、彼を悪く言う人なんか、一人もいなかった。
でも、付き合ってみて「あれ?」と思い始めたのが、…彼は、表と裏の顔が違い過ぎるのである。
裏は、一言で言って、「自分勝手」。
彼は大学時代、彼女になにも告げずにフト山にこもってしまい、数ヶ月間連絡せずにふられた経験があるのだが、条件を満たせば、いまでも同じことをする? とわたしが尋ねたら、なんの迷いもなく即答で「する」なのであった。
いまは息子さんがいるから、簡単には出来ないでしょうけれど、わたしの中で、「また、わたしは男性から見捨てられるのか!」と警戒心を強めたのは、言うまでもない。
一昨年もその前も、あのひどい戦争中のシリアに行こうかと思ったって言うんだから、バカじゃない?
もう、たぶんアラビア語も話せないでしょ。
行っても、一日で爆死よ。
あれも、行くときは黙って消えて行ったに違いないわ。

そしていま、彼氏KKがいてくれている。
まー草食男子だけあって、優しいわね。
わたしもこんな子と、20年前に知り合っていたら、幸せだったかも知れないな。

サテ、わたしがいかに不遇な男性関係を送ってきたか、おわかり頂けたでしょうか。
いまのわたしは、あたまに浮気センサーが付いていて、これかなり高精度よ。
相手が、ボサノバの『イパネマの娘』を歌っただけで、浮気がわかったことあるもん。
あと、わたしを裏切った男性の人数は、もう少しいたかも知れないわ。
数えていないし。
わたしって、遊ばれちゃうタイプなのね。
なんで、真剣に交際してくれないんだろう…って、車のダストボードから現れたカーラーを見ながら、「おまえもか」って、こころから虚しくなったことが、何度もあったわ。

若いうちに、ごく普通の恋愛がしたかった。
いまみたいに、浮気センサーにより、「あ、女の影がある」なんて、いちいち思い悩むようなことにはなりたくなかった。

今日のお見合いパーティーは、あまり期待していないけれど、くたびれた男の顔でも拝んでくるわ。
男性は会費が高いから、「遊んでやろう」の人がいないだけマシよ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。