歴史に強い若手女子登場 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

歴史に強い若手女子登場


昨日も何もせず、寝たきり。
お風呂にも入れていないけれど、暇潰しに、デイケアに行ってみようかなあ。

わたしの自慢は、若さである。
そりゃ、ほんとに若い人に比べたら、見劣りするよ…。
でも、デイケアなんかでは余裕だね。
みんな、しょぼくれたオバサン服を着てたり、すげー厚化粧だったりするもん。

この度、入ってきたKTさん(♀30)は、若いのに、しっかりしていて、スゴイ。
最初、みんなでジブリ映画『風立ちぬ』の話をしていたんだけれど、彼女が、「あれって、反戦がテーマじゃないですよね…」と突っ込んできた途端、他の女たちは別の話を始めた。
歴史に弱いんだな。

わたしが彼女と歴史問題について話し合っている間、誰も話に入って来なかった。
ふん。
わたし、事なかれ主義って大嫌いよ。

彼女は、近代に限らず歴史全般が好きだそうで、「歴史を見ると、その…、人間ってどういうものかわかりますよね」と、こっちもへぇ~と勉強させられるようなことを言うのであった。
いま、デイケアで一番まともなのは、この子よ!
男性諸君、この子を狙わないでどうする!?
まあ…彼女の方で、相手に不足を感じて、断りまくるのも予想がつくけれどね。
彼女は、わたしが元上司が陸軍中野学校でスパイ教育を受け、マジでインドネシアでスパイ活動をしていたことなどを話すと、「えーっ! ほんとですか?!」と目をキラキラ輝かせる人なのだった。
まえにいた、未婚の母をやっていた若いだけの女性とは違うわよ。
ようく、自分なりの歴史認識を持って、かかることね。

とまあ、意地悪を言ったところで、昨日、テレビでお見合いパーティーをやっていたから、見てしまった。
なぜか、この番組は見てしまうのよねぇ。
自分が数々のお見合いパーティーで玉砕しているから、参考にしたいのかもね。

昨日、一つ思ったのは、男性って、押しが強い方に流されるタイプが多いって感じ?
ギタリストMもそうだしな。
しかし、普通のお見合いだと、「この人一筋で行く!」って思う暇もないんだよね。
つまり、お見合い回転寿司の持ち時間が、1分半とか2分しかないからさ。
どれを一押ししていいのか、わからないまま、終わっちゃうんだよね。

でも、やっぱり、パッと接して、駄目なものは駄目かな。
パッときた人に猛アタックするのが、成功への道だろうか。

そういえば、お見合いパーティー、今度は40歳代編に行ってみようかな。
ほとんどが年下になるだろうけれど、若作りして、しゃべりまくっていたら、プロフィールカード(年齢が書いてある)を見る暇もないじゃろ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。