FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

キーボードを巡る闘い


昨日はデイケアに行ったのだが、Mさんから非常に不愉快なことを聞いて、憤然となった。

Mさんは、他の女性の誰よりも、わたしを信頼してくれている。
だから、ぺらぺらと何でもしゃべってしまうのだが、その日来ていなかったキモババ彼女について、こう話した。

「僕が、彼女で嫌いなのは、ダイエットにしろ、努力をしようとしないところですね」
「別れるタイミングをはかっているんですけどね」

後者は、嘘だろ。
それこそ、君が別れに対して、努力していないではないか。

で、わたしは少しばかり説教した。
「別れるって言っても、そう簡単にはいかないでしょ。どっちかがデイケアをやめんのかって話になるし。――君、1年ほどバイトの修行の旅に出るか? あっちはここを止めないだろ」
「大丈夫ですよ」
「(なにがどう大丈夫なんだか?)…それと、彼女は最近、引っ越したの?」
「いえ? そんなことはないですよ」
「でも、キーボードを移動させるとか何とか言ってたよね」
「ああ、あれは実家にキーボードがあって…」
「すると、キーボードがあって演奏が出来るなら、当然、いつかはMさんとやりたいって話になるよね」
「………」

最後の質問には、完全に固まっていたから、もう既にそういう話が出ているんだろう。
でもね、普通、バンドをしたことのない人が、キーボードを持っているって変なのよ。
キーボードはあくまで脇役で、ギターやピアノみたいに、それだけでまとまった音楽になるものじゃないの。
つまり、一人で弾いていても面白くないわけ。
わたしは、キモババ彼女が、なけなしの金をはたいて、この度買ったんだと思うわ。

にじり、にじりと大好きな彼に迫っている中年女に寒気を覚えるわ。
いったい、これを誰に語ったらいいの?

しかし、恐怖はこれだけでは収まらなかった。
その日に限って、帰りに一杯やるおじさん連中がいなかったので、わたしは「3人お茶会グループ」に混ぜてもらおうかなと思ったのだが、仲のいいYSさん曰く、この会は「受験や勉学で挫折した人たちの会」らしいので、わたしはちょっと違うねん、との事だった。

仕方なく、一人で縄のれんの店をくぐると、後からすぐMさんが追ってきた。
「? 彼女とのデートは?」
「まだ、少し時間あるから」
けっ。
人を時間潰しに使うなよな。
「モスで待ち合わせているんですけど、一杯やりたくて」
「そうだよね。疲れ取れるもんね。……モス? え! お茶会グループもモスって言ってたような」
「そうなんですか。鉢合わせるかもですね」
「え?! いいの?」
「もう、いいんですよ。バレても」

ほぅ。開き直っている。
「誰に言ってもらっても、かまわないですよ」と言う彼は、そんなことをしたら、事態の収集がつかなくなることが理解出来ないのだろうか。
たとえ1%でも、結婚する可能性があるなら、話は別だけれど。
なんか、DQNの臭いがしてきたわあ。

さらにDQNなのは、Mさんを横取りしようと、虎視眈々と狙っているYさん(♀49)である。
わたしが、「Yさん、君のこと、狙っているよ」と言ってみたら、「知ってます」と答えが返ってきた。
「だってあの人、毎日メールくれるんですよ。今日も、どこかへ行こうって誘われたし…」
毎日!
友人の彼氏と知りながら、あの一見なよっとした大人しいおばちゃんが?
やっぱり、一皮むけばおばちゃんねー。
でも、Mさんによると、Yさんがいちばん好きなのは、スタッフの男性(♂45? 既婚)なんだそうだ。
若けりゃ何でもいいのかよ…。

因みにYさんは、YSさんによると、学習障害のため中卒で、学歴コンプレックスがあるらしい。
YSさんは京大を受けるほどの秀才であったが、その頃、病気を発病したらしく撃沈している。
もう一人は、まだ20代かと思われる若さの男性だが、これもなぜか中卒だそうだ。
というわけで、華々しく大学でアスリートをしていたわたしは、仲間に入れてもらえないのよ。
「女王さま」と呼ばれているが、それはわたしが女連中と反りが合わなくて、男に声をかけて遊んだりしているからかも知れない。
明らかに蔑称だよね。
Mさんに、「ゆみさん、仲間外れにされてるんですか」と聞かれて、「うん」と答えておいた。
あーもう、めんどくせぇ。
女は嫌いだよ。

いま、わたしの懸念は、Mさんのキモババ彼女が、「バンドに入れて」と言ってくるんじゃないかという恐怖である。
どんな腕前だか知らないけれど、一度クラビノーバを弾いていたときの楽譜は、初歩の初歩だったよ…。
だいいち、ツインドラムはたまにあっても、ツインキーボードもツインベースも、殆どないっしょ。
「スコアにないし、手が足りてるから」とでも言うしかないよね。
あー、うざいキモババ彼女。

でも、思うんだけれど、いちばんの悪人って、ほんとはMさんだよね。
「いつ別れようかな」と言いながら、女を性処理に使って、近づいてきた別の女には、優柔不断な態度で、つかず離れずの位置に置いておいて、それらのことを、第三者の女に全部ばらして。

あいつ、一回、後ろからどついたろか。
なんか、無性にむかついてきたわ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。