式場選びをしていた女 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

式場選びをしていた女

pafe

今日もデイケアのあと、Yさん(45♀)を誘って、パフェを食べに行った。
もし誰も来てくれなかったら、わたしは一人カラオケならぬ一人パフェをしていたと思うが、今日はうまくつかまった。

しかし、このところ女子会でのネタはないのである。
唯一、今日わたしが得た情報といえば、ギタリスト1(36♂)の恋人Oさん(45♀)が、デイケアのパソコンで「結婚式場」のサイトを見ていた、ということだ。

おおっと~~!
これはすごい話になってきました。
だって、最初は実らない恋だって二人同意で付き合っていたんだもんね。
ほんとうに、具体的に結婚の話が出ていたのかしら?

~閑話休題~

さてここで思わずギタリスト1にメールを送ってしまった。
「マジで結婚するの?」みたいなやつね。
しようにも出来ないに決まってんのにね。
だって、女は生活保護で働き口もないし、男は社会人経験もほとんどない半人前だしね。
要は、わたしがそんな二人を見て、そう、野次馬はわたしの趣味だから、野次馬を楽しんでいるの。
すげー悪趣味なんだけれど、やめられないね。

~閑話休題~

そして、ギタリスト1からメールが来た。
「マジで? いやいや、俺は結婚はせえへんよ。子どもが欲しいし。彼女もそれを望んでる。他の男性との結婚願望はあるみたいやけど」
…変な愛の形。
一応、突き刺さるような非難は出来なかったので、「やっぱりそうだよねー。びっくりしたよ。恋愛の形はさまざまだそうだから、周りに迷惑をかけなければいいんじゃないの~」と返事した。
サテ、この二人はどうなるんだろうな。

あら、またメールが来た。
「いつやめようか常に考えてる」だと。
今でしょ! と叫びたいのを抑えつつ、「嫌になったときがやめ時では」と答えておいた。
あと、子どもが欲しいなら、若い女子をゲトするチャンスは、年々減っていくのよ、と要らんおせっかいを少し。
さあ、こんなゆさぶりをかけつつ、ゆっくり醜い愛の形を見物させてもらうわ。
もともと臭気が漂っていたのよ、ババ臭い女と、性欲を満たしたい、うら若いギタリストの組み合わせは。
早く壊れちゃいなよ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。