うつで充電 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

うつで充電


今日も床でゴロゴロ寝ている。
両親は、天気がいいので京都へ遊びに行った。
つまり、わたしは猫のくろとお留守番である。

くろは、炬燵に入ったまま、一向に出てこない。
わたしはトイレに立ったときだけ、くろが入っている炬燵の電気を入れてやっているが、あいつ寒くないんだろうか。
もう、気味が悪いくらい息を潜めて、炬燵のお守りをしている。

猫にも遊んでもらえないわたしは、もう眠っちゃおうかなー、なんて考えている。
ほんとに…なんもする気が起こらない。
少し前なら、「こうしちゃいられない、いい男を見つけるために、お見合いパーティー行くぞ!」なんて、どんどん予定を立てていたのにね…。
いまはむしろ、クリスマスを最後に誰とも予定を組まない方針である。

思えば、毎日のように出かけて、家にいるときもウロウロ歩き回り始めたのは、5月初旬、デイケア仲間のSさんが亡くなってからだった。
わたしは、悲しさから逃れるためにカラオケに通いつめるようになり、やがてそれが習慣化し、さらには疲れてヘトヘトでも外出するという異常な事態が起こるようになった。
たぶん、軽躁状態だったのだろうが、ここに来て、うつが来て、いまわたしはバタンキューである。
内心、「やっと休める…」とほっとしている。
休みたいのに身体が勝手に動くのは、ほんとに疲れましたぞ。
それを半年もやっていたんだから、ここらで休憩がなければ、人生帳尻が合わないよね。

躁鬱病の人の中には、「自分にはほとんどうつ期がない」と言う人がいるが、しんどくないのかなあと思う。
たくさんのエネルギーを撒き散らして大事を行って。
そういえば、亡くなったSさんもそんな感じの人だったわ。
彼は、ある訴訟で、国から3000万円を勝ち取ったのだが、死ぬ前のわずか半年間ですべて使いきったのであった。
遺族に何も残さず、である。
売れるのはレクサスくらいだったと思うが、あれも事故車になっていたしな。
なんだか、すごくエネルギーのある人だった。

とまあ、故人を思い出したりしながら、ぼんやりとわたしはうつとともに寝ます。
今週土曜日はバンドの練習なので、しっかり充電しておかないと。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。