わたしの美容デイ - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

わたしの美容デイ

keshouhin

今日は、わたしの美容デイ。
起き抜けに、鏡でじーっと顔を見ていたら、あんまり顔つきがひどいので、「このまま放っておいてはならぬ」と、奮起したのである。

まず、化粧品の整理を行った。
わたしの持論によると、女は歳を取れば取るほど、すっぴん顔と化粧顔の差が大きくなる。
つまり、歳をとった女は、化粧でなんぼでも化けられるのだ!
わたしももう48歳、いまさら「ナチュラルメイクが好き」なんて言っていられる余裕はないのである。
よ~し、こうなったら、化粧上手になって、加齢を感じさせない女になってやるぞ~。

化粧というものは、流行がある上、加齢を考えると、いつまでも同じやり方で同じモノを使っていてはいけない。
わたしの持っている、淡いピンクのチークは、ギリギリアウトか…? と思ったが、いまのところ、あんまり違和感がないので持っておくことにした。
いま、わたしがいちばん気にしているのは、目の下のたるみなので、これをいかにごまかすか…が課題だったのだが、コンシーラーくらいしかないのよね、やるとしたら。
だけど、なかったので、買いに行くまえに、普段はしないアイラインを引いてみた。
おおっ。目力が強くなって、心なしか、目の下のたるみが目立たなくなる??

そんで有頂天になって、薬局で、コンシーラーとアイシャドウを購入した。
コンシーラー~…、いっすよ。
完全にたるみをなくすことは不可能だけれど、正面からみたとき、かなり目立たなくすることは出来る。
そして、アイシャドウ~!
長らくしていなかったが、ピンク系のちょっと大人っぽい色を塗ってみたら、おおっ、さらに目力がアップした!!
わー。
これだけで、目の下のたるみなんか、どうでもよくなっちゃいますよ。

それで、「今度からは、いい大人の女を目指すようにしよう」と考えて、わたしはさらに、美容院へ行って、流し目の似合う大人っぽい髪形にしてもらってきた。
うむ。満足だ。
これで、明後日の練習日、バンドの紅一点として立場を確立しよう。
まあ…どうせヤローどもは、化粧や髪型が変わったくらいで、気づくわけないって気もするけどね。

該当の記事は見つかりませんでした。