ピアノとコード - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ピアノとコード



えーん。
書いていた記事が、全部消えちゃったよう。

とりあえず、昨日のことだが、バンドの練習のあと、4人で焼肉屋さんで飲んだ。
そのうち、「来年のフェスタも、このメンバーでやりましょう!」という話になったのはよかったのだが、そのうちギタリスト1が、「あ、でも僕…、彼女に一緒にやろうと言われてて…」と言うのだった。
やっぱりね。キモババ彼女は、最初からその気でいたのよ。

で、なぜかギタリスト1が、「そうだ! 5人でやりませんか?」と言うので、わたしは一言のもとにそれを却下した。

「キーボードは2人要らないよ」

これは事実で、いまでさえキーボードパートのない曲で、無理矢理自分でつくっているのである。
これ以上来てもらっても、ほんとうにしてもらうことがない。

ギタリスト1は、「わかりました」と理解してくれたが、サテ、彼はどっちにつくつもりなのかな。

ちなみに、ピアノをやっていたHちゃんの話では、基本的にピアノ出身者はコード名を知らないんだとか??(わたしはエレクトーン出身)
もしそうだったら、ギタリスト1、彼女と組むとえらい目に遭うぞ~。
なぜなら、これまでわたしたちが使ってきた楽譜って、キーボードパートに関して言えば、100%音符がなかったのである。
中には、歌詞とコードだけ、というものも少なくない。
でも、人前でやるときは、楽譜らしきものを拡げていたから、キモババ彼女は、そこにキーボードパートの音符が書かれてあって、わたしがそれを忠実に弾いていると勘違いしているんじゃないかな。
違いますよ~。
一度、ギタリスト1は、彼女と組むまえに、いままでやってきた楽譜を見せてみたらいいと思うのよね。
中には器用な人がいて、音楽を聴いたらその場で再現できちゃったり、自分のあたまで組み立てて弾けちゃったりする人がいるけれど、どうも彼女はそんな感じじゃないしね。
まー、それでも彼女は押しが強いから、「出来る!」とか言って、あとでこそこそコード表と格闘することになるのかしら。
あり得るわー。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。