FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バンドの空中分解

benkei

昨日のバンド練習は、最悪だった。

いや、正確には、バンド練習が終わったあとの飲み会である。
そこで、ギタリスト1を除く3人は、焼肉を食べながら、最初は楽しく話をしていた。

雲行きが怪しくなってきたのは、みんなの、ギタリスト1への不満が出始めたときからである。
「あいつ、練習に身が入ってない。女と遊びすぎや」
「そうそう。歌詞を何度も間違えて、訂正もしないしね」
「一回、ちょっと言うたらなあかんのとちゃうか」

そんで、わたしたちはギタリスト1にメールを入れて、カツ入れしたのだった。
ギタリスト1は、「一生懸命やっているのに…」と弁解に終始していた。
それならば、なぜこの期に及んで、あんなに歌詞を間違えるのだ。

サテ、この話はここでいったん終わる。
なんと次に、第二のトラブルが起こった。
ギタリスト2が、いきなり切れて、ベーシストを攻撃し始めたのである。

「おまえ、俺がいくつ年上かわかってんのか? 失礼やろうが! あのな、おまえのことは前から嫌いやってん。わかったか」
――あまりの言い草である。
ベーシストは、「ここ、割り勘にしましょうね」と言っただけなのだ。
なんでここまで高圧的になれる?
結局、ギタリスト2は会計を全部払って、一人出て行った。

残されたわたしとベーシストは、唖然である…。
ベーシストのあたまには、おそらく「あの人、自分のことをそんなふうに考えていたのか」という思いがあっただろうし、ああいうことは一度言ってしまうと、もうもとに戻せないんだよね。
わたしは、ギタリスト2とベーシストは、二度と一緒にバンドなんか出来ないだろうと思った。
なんてことだ…、数少ない楽器演奏者なのに。

まもなく、ギタリスト2からメールが入り、「俺はバンドやめる。クリスマス会にも行かない」とのことだった。
あほらし。
もう、勝手にやればいいのよ。
こっちは手が足りてるんだから。

さらにその後、今度は酔いが覚めたのか、なにやらいっぱいメールやら電話やらが入っていた。
自分のしてしまったことの重大さに気がついたようだな。
しかしわたしは言ってやった、
「俺のことが必要?」との問いに、「いや~? いなくてもいいよ」と。
だって、さっきも書いたように、ほんとに手が足りてるんだよね。
涙そうそうのボーカルなんて、誰だって出来るんだしさ。
せめて、「さっきはあたまに血がのぼってて、ごめん。バンド一緒にやりたいから、また入れて」とか素直に直球を投げてくれば、「わかったよ」になったかも知れないけれど、わたしは人を試すような、回りくどい言い方が嫌いなの。

そういうわけで、現時点で、バンドは4人から3人になっている。
もう、ほとんどバラバラだよ。
なんか、演奏するのが苦痛になってきた。

該当の記事は見つかりませんでした。