神さまを恨む - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

神さまを恨む


昨日は、なんにもしなかった。
ただただ、疲れていた。
お見合いパーティーの後遺症と思われる。

しかし、仲よしのHちゃんが、しきりに心配メールを送ってくるんである。
すまんが、うつ患者はそっとしておいてくれ…。
あれは間違いなく、自分の方に言いたい愚痴があるんだな。

だが、愚痴を聞くのにはパワーが要る。
今日のわたしにだって、その力はない。
なんか、精神的に打ちのめされたものがある。
幼稚か。
今さら時間を巻き戻して、発病時の35歳に戻るわけにはいかないもんな。
あんたは幼稚だって言われても、もうもとに戻せないよ。
出来ないことを要求する人は、残酷すぎる。
それで、今後のわたしは、どっちを向いて、なにを糧に生きていけばいいのだろう。
なんだか、座標軸を失ったみたいだ。
女としてはもう終わっているみたいだし、特に趣味がありわけでもないし。
このままだとわたしは、世の中を憎んで、意地悪な顔を持った暗い人間になりそう。

でも神さま、わたしがそんなに悪いことをしましたか?
わたしは一卵性双生児で、片方は年収10000万超でいい暮らしをして、老後も安泰なのに、もう片方は年金1ヶ月12万円足らずの貧乏生活、それもいつ等級落ちになって5万円になるかわからないとても不安定な生活。
なんかの童話ですか? 「アリとキリギリス」みたいな。
でも、アリだったのはわたしの方なのよ。
薄給のなか、4年間で1200万円貯めてマンションを買って。
妹はさらに薄給だったから、そのとき付き合っていたいまの旦那と結婚しただけよ。
彼女、お金のことなんか、なーんにも知らないんだから。
こんな目にあって、世の中を憎まない方が嘘よ。
わたしの年金12万円足らずは、主治医は「一生は無理だと考えておいてください」(最近、日本年金機構の裁定が厳しくなっている)と言っているから、次の等級だといきなり5万円になってしまう。
いまは両親の世話になっているから、おこづかいが減る程度だけど、そのうち親は死ぬし、実家は車の運転が出来ないと買い物さえ出来ない場所にあるので、いつかは必ず実家を売らなきゃならなくなる。
そんで、親と駅前の狭いわたしの中古マンション暮らし…。

そんなときだって、かけてもいいけど、マダムな妹はビタ一文出さないわよ。
「お金、大丈夫なの?」なんて気遣いをすることは、天地がひっくり返ってもないわね。

神さま、どうしてわたしをこんな目に遇わせるんですか?
あなたはきっと、人を救う役目の人ではないのですね。
もう、あなたをあてにしたりしない。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。