憂鬱が続く。 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

憂鬱が続く。


昨日も、朝から並んで、カラオケ屋のフリータイムをget、朝11時から夕方7時までの8時間、歌いづめだった。
もう、身体がボロボロである。
しんどくて仕方ないが、ギタリスト1のババア彼女の嫌がらせのことなんかを考えると、気が狂いそうになるので(既に言うことが変になっているらしい)、それを忘れるためには、歌い続けるしかないのだ。

ババア彼女に会って、直談判する案は、誰からも却下された。
いま、わたしのこの状態で話さない方がいいということである。
そうかも知れない…。
もし、ババアが余計なことを言ったりしたら、わたしは切り裂きジャックになりかねない!
ああ、ババア、おまえはわたしのほんとうの怖さを知らないのよ。
カッと切れたら、もう自分でも何をするかわからないのだ。
しかも、そのときしばしば解離を起こす。
つまり、第二のわたしが現れて暴れ狂って、正気に戻ったら、数時間・数ヵ月間の記憶がない、要するに相手にやった暴力のことなんかも覚えていない、というものである。
いまいちばんやりたいことは、(ここからがキチガイ)デイケアに行って、突然ババアの服をカッターで切り裂き、あばずれ女のババアパンツを脱がせて、皆さんの前で大股開きさせることである。
女に対するこういった辱しめは、殴りつけるより、はるかに効果があると思うよ。
…とあたまは健常者の仮彼氏KKに言ってみたら(KKに話すところも、わたしはおかしいな)、彼は速攻で「そんなん、誰も見ぃひんで」と切り捨てた。
ありゃ。
29歳の彼には、ほんとに興味がないみたいだ。
だって、相手はどう見たって50過ぎの、垢抜けないおばちゃんだからなあ…。

わたしは、カラオケ屋でケースワーカーにも相談してみたが、彼女は若いので、通り一辺倒の回答しかくれないのであった。
わたしが、「振り向くと100%彼女が背後にいて、ギタリストとの会話を盗み聞きしている、その証拠に、見ているパソコンの画面にはグラフのようなものが映っているのに、全然スクロールしない」とか言ってみても、彼女は話をすり替えて、「そうやって、スクロールしないとじっと見ているから、相手も気にするのかも知れませんよ」などと言う。
違うよ、逆だろ。
スクロールしないのはなぜかを考えるのが先じゃないか。

また、数日前、H主治医に電話相談した件だが、先生は「スタッフを集めて精査します」と言ったにも関わらず、彼女にはなにも伝わっていなかった。
それで、わたしにはまだババア彼女への強い恨みが残っているので、また当分デイケアは休むことにした。

…もう、ほとほと、死にたいくらい疲れたよ。
ババア彼女に、直に「てめえの彼氏なんか、ぜんっぜんストライクゾーンじゃねーんだよ!! わたしは自分より身長が低い男は駄目なの!! 社会的にも自立してない、仕事探しもしてないようなやつに、なんで40代入ってから5人もの男にプロポーズされてるワタクシが惚れなきゃなんないのよ!! 舐めんな、ボケ!!」
とわざと立ち話にして、身長的にはるかに高いところにいるわたしが、やつを見下ろしながら罵倒したいのである。

でもね。
なんでも、仲のいいHちゃんによると、彼女は他の女性にも、ちょっとした意地悪をして楽しんだりしているから、なにを言っても無駄だってさ。

気持ち悪い人間がいたものね。
わたしは、あんなのとくっついているギタリスト1とは、永久に話さないわ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。