おしゃべり大会の日 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

おしゃべり大会の日

cup

今日は、仲良しのHちゃんとおしゃべり大会をする予定。
あんまり暇なので、無理やり予定を作ったのだ。

Hちゃんも暇にしていたのか、おしゃべりがもともと好きだからなのか、快諾してくれた。
「お互い、溜めてることを話そうな」と言う。
わたしは、いまそんなに溜まっていないけどな…、年中躁状態のHちゃんにとっては、我慢出来ないことが多いのかも知れない。

Hちゃんは、デイケアをやめたと言った。
「やめたの?なんで??」と聞くと、「犬が、スタッフのSHさんに告げ口したから」と話した。
犬とは、わたしたちだけの用語で、Yさん(50歳♀)のことを指す。
犬のように、ギタリスト1の彼女に従って動き回っているからだ。
ほんと、大阪も南の人間は、口が悪いよね。

「犬が、わたしにもう、ゆみ姐のことを聞かんといてってメールしたら、それをスタッフのSHさんに告げ口して、わたしが呼ばれて説教されたから、もういいわと思って、やめますって言った」
「だいぶ、引き留められたでしょう」
「されたけど、言ったらやめさせてくれたよ」

だけど、たぶん、除名にはなっていないと思うんだなあ。
だって、わたしのやったことの方が、はるかに凶悪なんだもん。

かのように、精神障碍者ばかりが集まると、ややこしいことが多い。
単なるおばちゃんの争いではないのである。
Hちゃんはいつでも躁でカッカとしているから、合わない人とはとことん合わないと思う。
それはわたしも同じなんだけどね。
じつは、わたしたちの症状は似ていると、H主治医から言われている。

だから、仲良く出来るのかなあ?
なんか、二人とも躁のときは、あたまの回転が速くなっているので、会話が飛び石でさっさと進んでいく。
そういうのがお互い楽で、のろのろ会話が進むのは、あるいは内容がないのは、辛いのである。

さて、今日はどんな話が聞けるかな。
食事をしながら、べらべら話す時間は、家でじっとしているより、ずっと楽しいに違いない。

該当の記事は見つかりませんでした。