お金もないのに飲み会 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

お金もないのに飲み会

izakaya

昨日、診察で、H主治医に「彼のことは、どうでもよくなってきましたか?」と訊かれたので、「もう大丈夫ですよ! 今度お見合いパーティに行くことにしてます!」と元気よく言ったら、「・・・ちっともじっとしてへん人やなぁ・・・」と言われた。
いいじゃんねえ? べつに。
わたしからすれば、恋人探ししていない独身こそが、なんでなの? って感じ。

さて、昨日はそのほかにも、暇を持て余していたギタリスト2を誘って、一杯飲み屋→カラオケへと、なだれこんだ。
わたしは、最初は、元彼KKの話を聞いてもらいたかったのだが、飲んでいるうちにどうでもよくなった。
うむ。
確実に、こころの傷は、癒えているな。

ギタリスト2が、年金支給前で、あと4.5千円しかないというので、気前よく奢る。
わたしも既に赤字が出ている状態なんだけど、だからといって、家におとなしくいられるかーい!
カラオケ屋も、夏休み価格ということで、えらくかかったが、こういうときのわたしは、楽しければいいの。
なんか珍しく、聖子ちゃんの「スウィートメモリーズ」を歌ったら、ギタリスト2が「おまえは邦楽を勉強して、邦楽で勝負しろ」と言われてしまった。
いままで、洋楽に寛容だったギタリスト2まで、そんなこと言う?
やっぱりみんな、いいよ、いいよと言いながら、わたしが洋楽歌うのを嫌がっていたのかなあ。
洋楽のどこがいけないんだろう。
意味がすぐわかんないところ?
みんなが知っているような、メジャーな曲しか、人前で歌っていないつもりなんだけどね。

そーいえば、最後の洋楽理解者の砦、ギタリスト1ってのもいたわね。
H医師に吐かせたんだけど、ギタリスト1とキモ婆彼女、もう友だち関係に戻っているらしいわ。
いや、facebookでギタリスト1が、「うちも微妙なところです」と書いていたから、まだ完全には別れていないみたいね。
早く別れろよな。
そうすれば、ギタリスト1とも、飲みにもカラオケにも行けるのにな。

あとは、地域支援活動で30年ぶりに再開した、高校時代のクラスメイトNくんから、14日に生物部&1年G組で集まるけど、行きませんか? というお誘いがあったので、行く行くと答えておいた。
実は、この日は、お見合いパーティがあるのだけれど、時間がまったく重なっていないので、問題ない。
でも、ちょっとしんどいかな?
いや、ここは頑張るべきだろう。
お盆は、ニュースを見ていても、楽しそうに遊んでいる人々が映し出されるので、つい自分も、と躍起になってしまうところである。

該当の記事は見つかりませんでした。