饒舌な男たち - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

饒舌な男たち

tarako_spa

なんだか、朝からへたれているのである。
3日ほど前、ギタリスト2に付き合って、深夜まで話し込んだせいか。
ともかく、だるい。

そういえば、昨日も眠剤を飲んでから、ギタリスト2が電話してきて、四の五のどうでもいい話をするので、うんざりしたのであった。
その直後に、社会人サークルで知り合った遊び人A(37♂)からメールが来て、「明日、夕ご飯を食べよう」というお誘いだったので、OKを出そうとしたのだが、眠剤が効いてしまって、「いま、メール書けない」と書くのがやっとだった。
ギタリスト2め。
わたしは、遊ぶので忙しいのよ!

で、朝になって、「あれ? なんか食事の話したなあ・・・」と思い出して、メールをチェックして、ああそうだった、とAにメールを送ったのだった。
今日の夜、一緒に食事だよ。
わたしのリクエストにより、内容はイタリアンである。

遊び人Aとは、どうやらお互い、どのこのなるつもりはなくて、遊び人同士の話をしようって雰囲気である。
Aは平日の仕事中はほとんど話すことはなく、僕がしゃべっているのは週末のパーティのときだけです、と言っている。
まあ、そうなのかも知れないな。
話すのに飢えている感じがするもんな。

わたしは今月でこそ忙しいが、普段は暇で、退屈で死にそうになっている。
今月、なんだ、この忙しさは。
普通の人からすれば普通なのかも知れないが、わたしにとっては、身体がついていかない感じだぞ。

だから、明後日、高校の同窓会を控えた身としては、ほんとうは今日はおとなしくしていた方がいいのかも知れない。
でも、誘われちゃったら断れないんだよなー、なかなか。
なんか面白いことがありそうな気がして、ついしんどくてものこのこ出かけていっちゃうのだ。

さて、いまからビール飲んで、ちょっと寝よう。
ああ、しんど。
ビールは、わたしにとって一種のカンフル剤である。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。