羽生選手のこととか - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

羽生選手のこととか

hanyu_yuduru

そういえば、わたしはちょっとしたフィギュアスケートファンなのでした。
それなのに、先日の、GPファイナル・男女フリーを観ていない!!
一応、録画が撮ってあるけどね。
あのときは、ギタリスト1とスタジオに行っていて、その帰りに失恋の曲限定で歌ってたんだよな。
まあ、そのときはそんな気分だったんだから、しょうがない。

ところで、世間では、羽生ブームが巻き起こっていて、なんだかすごいなと思っている次第なのである。
確かに彼は、偉業を成し遂げている。20歳の若さで。
いまはもうね、ちょっとくらいすってんころりんしても、高得点が出る、まえのキム・ヨナ状態よ。
あの有名な中国杯でのアクシデントのあとの競技、とてもじゃないけど、そんな得点つかないでしょ? って思ったもん。

しかし無理をして怪我をしたまま競技したおかげで、彼はGPファイナルに出ることが出来た。
ショートは観ていたけど、いい感じー。
専門的なことはわからないけど、彼が踊ると優雅なんだよねえ。
あ、ちなみにわたし、アクセルとサルコウは来るまえにわかりますー。
彼が4回転をするとすれば、現時点では、サルコウかトウループなんだよね。
だから、わたしのなかでは、4回転くるぞっ、サルコウかな、トウループかな、って感じかな。

うちの母も、フィギュアスケートファンで、結構見る目があるのだが、見るところが違うっていうか・・・、
彼女が心配しているのは、「この子もいまはかわいいけど、いまに石川遼みたいにおっさんになるねんな」なのである。
さあ・・・どうなんだろうね?
もともと王子的な雰囲気をたたえているみたいだから、石川遼とまではいかないんじゃないのかな・・・。
それに、ゴルフはおっさんの競技だけど、フィギュアスケートは一見優雅な採点競技だしねえ。
しかし、あの細身をいつまでも保持出来るか。
やがて、他の男子選手のように、男らしい、力強い演技を求められるときが来るかも知れないな。

正直言って、高橋大輔が活躍していた頃、羽生選手がここまで伸びるとは、わたしは思わなかった。
線が細すぎるよねー、という印象。
ただ、ジャンプがやたら安定しているな、と思っていた。
まだまだ若いので、これからも日本を背負って、頑張って欲しいですな。

ということで、これから録画観ます・・・と言いたいところだが、今日のわたしは歌いたい気分なので、また一人カラオケしているんじゃないかと思います。
関係ないけど、日本選手は演技の曲目として『オペラ座の怪人』が好きですな。
どんなミュージカルなのか知らないが、フィギュアスケートファンとしては、もうちょっといろんな曲にチャレンジして欲しいと思うです。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。