気持ち悪い日本語 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

気持ち悪い日本語

icecoffee

わたしは、変なところにこだわりがあって、日本語を話していて、「その日本語、やめてくれ・・・」と思うことがある。
その一つが、「おあいそ」。
初めて聞いたときから、変な語感のする単語だなあと思っていたが、あれはもともと業界用語だったのね。
寿司屋かなんかで、大将が言ってるのを、いつの日か誰かが真似し始めたんだろうな。
あーカッコわる!
だからわたしは、絶対に使わない。
勘定を頼むときは、「お勘定お願いします」と言う。

それから、メニューを頼むときも美学があって、「わたし、コーヒー」は嫌なのである。
”I am coffee”ってなんだ・・・と悩むからである。
理想は、「○○をください」と頼むことである。
しかし、メニューはだいたい一つしかないから、数人で行って覚えられない場合、麗しくないが、各自メニューを指さして、海外旅行における”This one!”方式でも仕方あるまい・・・。

さらに言うと、いまの時代、まさかアイスコーヒーを「レイコ―」なんて言う人、いないよね??
どっかで見たのよ。
これは文句なく死語で、復活はあり得ないから、その場で抹殺して欲しい。

あとあと、マクドナルドなんかで、客が「お持ち帰りで」ってオーダーしているの、すごく変じゃないか。
お持ち帰りの「お」は、間違いなく丁寧語だから、それを自分に対して使うのは、絶対間違っている!
そんなこともわからないのかよ、ゆとり教育~。
どんだけ偉いんだ、自分!!

また、わたしの元カレだが、やつは冗談で、自分に対して「召し上がります」を使っていた。
レストランで、店員に対して、料理の説明を聞いて、そのあと、「頂きます」の代わりに「召し上がります」と言うのである。
これは、彼が29歳と若かったので、本気で嫌だった。
だって、レストラン店員からすれば、彼がどんな人なのかわからないわけだから、絶対、敬語も何もわからない最悪のゆとり教育アホに見えるじゃない。
何度か注意したけど、止めなかった。
いつか、しっぺ返しが来るわい。

その他、何度か言っているけれど、「おっしゃられる」「お召し上がりになる」も、気持ち悪いからやめて~。
もうだいぶ前から、アナウンサーのような人でも言うので、すでにこっちが日本語になっているのかしら。
確かに、言語は生き物だ。
どんどん変わっていくものね。
あんまり神経質になるべきじゃないってわかるけど、とほほ~。

該当の記事は見つかりませんでした。