変わりゆくこころ - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

変わりゆくこころ

piano

12月は忙しかったこともあって、洋楽カラオケバー”d”に行けなかったんだけど、今月はラストの週にイベントがあるので、行こうと思っている。
イベントの内容は、「ブラックミュージック」!!
きゃ~。
わたしが最も好きなジャンルよ!!

でもさ。
黒人の人って、めちゃくちゃ歌、歌上手いでしょ。
演歌歌手並みにこぶしを使ってくるよね。
ありゃー、真似出来んわ。
裏声も独特だし、もう生まれ持った才能としか言いようがないわね。
そんな曲を、わたしが歌うことが出来るのか!!
出来ないに決まっているじゃない~。

そこで、ブラックでも、比較的簡単な曲を選んで、歌おうかと思っている。
このブログのタイトルにもなっているアルバム”LIFE,LOVE&PAIN”は、れっきとしたブラックなんだけど、わたしの好きな曲は、なぜかカラオケマシーンに入っていないのよう。
代わりに、”Lean On Me”なんかが大抵入っているんだけど、この曲、そんなにいいか~?
「困ったらいつでも連絡して来いよ~」って歌詞だけど、わたし、あんまり前向きな生き方していないしなあ・・・。
やっぱりどっちかというと、切ない系の曲が好きだな。

となると、やはりBoyz ⅡMenの”End Of The Road”あたりでいくか。
しかしBoyz ⅡMenはなにぶん、グループで変わりばんこに歌ってくるので、息が続かねえ~ということもある。
歌詞は簡単で、歌いやすいけどな。
なんか、ふられかけている男の話。

あとは、The Jetsっていうグループの”Cross My Broken Heart”っていう曲とか?
歌詞は失恋じゃなくて、むしろこれからいったれーで、わたし好みじゃないけど、音楽のノリがいいんだよね。
ただこのグループ、6.、7人で全員きょうだいなんだけど、どーもブラックというよりはボリネシアン? な感じがするんだよなあ。
あんまりブラックじゃないよなー・・・。

でもそれを言ったら、去年のエントリー曲を見たら、スティービー・ワンダーが3人も入ったりしていたから、ありゃどう考えてもブラックじゃないだろ・・・肌の色が黒いだけじゃん・・・と思ってみたり。
ううむ。
ホイットニー・ヒューストンにしても、わたしは普段からよく歌うが、これもなんか違う感じがするし。

ほんとに歌いたいのは、SOSバンドっていう、80年代にこそっといたグループなんだけどね。
これも、なかなかカラオケマシーンには入っていません。
このグループのあるアルバムに入っていた、ある早口な一曲をわたしは気に入っていて、「どんな意味なのかなあ?」と、当時付き合いかけていたアメリカ人に訊いたら、「これは、男には他にも女がいるんだけど、でも、自分の愛し方が一番だ、って女が言ってる」とすらすら答えたので、「よくわかるね!!」とびっくりしたら、「僕はアメリカ人だよ・・・」と呆れられた。
その後、そいつは、ほんとうにわたしの他にどうやら他の女がいるらしいことがわかったので、抹殺したが。
おかげで、その曲だけは、恨みを込めて歌えるようになったわ。

総合すると、やっぱり冒頭に書いたように、ブラックは難しいので、歌いたい曲と歌える曲が、一致しない。
そーそー・・・先日の高校同期同窓会で、わたしをブラックに染めた男が、「きみはソウルやったな」と言って来たが、時はもう流れているのだよ。・・・
いまのわたしは、洋楽でも、歌いにくいソウルは歌わない。
ほんと、商業ベースに乗った、70~90年代に流行った曲がほとんどである。

ブラック、わたしのなかでは終わっちゃったかなー。
嫌いじゃないけどね。
いまだって、聴いているのは、ファイナルファンタジー10の挿入歌だもん。
人も音楽も、変わっていくよね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。