第二のゆみちゃん - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

第二のゆみちゃん

neco_nobi
あーしんどいのである。
何にもしないからしんどいのか、しんどくて何も出来ないのか。
明日、デイケアの新年会で串焼き屋さんに行くから、そのときわかるであろう。

それにしても、今日のだるさは半端ではないぞ。
ビールでごまかしちゃおうかな・・・って思うくらい。
しかしビールは酔うまでに、お腹いっぱいになっちゃうからなあ。
ワイン、買っておけばよかったなあ。

昔は、あまりのしんどさに、朝2合、昼2合、夕2合で計6合もの日本酒を開けて、家族に大ひんしゅくを買い、アルコール病棟に入れられそうになったものだが、いまはそんなに飲めない。
なぜだか知らないけど、「第二のゆみちゃん」になってから、お酒があんまり飲めなくなったのである。
「第二のゆみちゃん」になった経緯のことは、誰に説明しても理解してもらえないので、あえてしない。
このブログにもその時期にちょっと書いてあるんだけど、なにが正しくて間違っているのか判断出来なかったので、あんまり多くは書かなかった。
ただ、コペルニクスとアインシュタインが、仲良く我が家の茶の間でお茶を飲みながら、「やあ」と言っても、いまのわたしは全然不思議に思わない、っていうのは書いたと思う。
ほんとうに、そういう世界にいたのよ。夢とかじゃなく。
わかってもらえないだろうなあ。

カレンダーの読み方もわからなくなって、これはカレンダーってもので、日付を表すんだってことはわかるんだけど、どうしても読めなかった。
あんまり考えているうちに、しまいに「今日って、何?」ということがわからなくなり、もうカレンダーを読むのは諦めたのであった。
あの時期、そんなわたしを平静に見ていた両親は、冷静だったと思う。
「まあ、一時的なものでしょう」みたいに見ていた気がするけれど。

日本語がわからなかった時期もあった。
難しい日本語を言われると、内容が理解出来ないのよ。
時系列はわからないわ。
もしかしたら、子どもの自分に返っていた頃なのかな?
『千と千尋の神隠し』は、意味がまったくわからないどころか、登場人物の名前も覚えられなかった。
なんとなく、家族の手前、わかっているふりして観ていたんだけどね。

とまあ、他にもいろいろ奇妙な体験をしたわけですが、この「第二のゆみちゃん」になってから、困ったことが一つある。
字がちゃんと書けない・・・のが、もとに戻らないのよ。
わたしの字は、やや大きめでしっかりしていたんだけど、それが、なんだか小さくてくにょくにょの字になっちゃった。
頑張っても、字が大きくならないの。
だから、書類書きが物凄く苦手になった。
これには母も、「まぁ・・・。練習したら、もとに戻るんじゃないの?」とやや心配気味だが、自分の住所・名前を書くだけで、すごく疲れるから困る。
なんなんだろうね。
脳のメカニズムは、複雑怪奇だと思うわ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。