いつもの食卓 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

いつもの食卓

ramen

「今日の昼は、お父さんはラーメンにするって言うてるけど、どうする?」
「うう・・・」
「ラーメンでいい?」
「うう・・・うん・・・・・・」

そんで、母はとっとと父とともに買い物に出かけてしまったのである。
ラーメン。
もちろん、インスタントだ。

わたしが唸っていた理由は、じつはこの数日間、比較的体調がよかったのが、今日になってまた苦しいのがやって来たからである。
ああ・・・先日、処方箋を少し変えてもらったのが、功を奏したのかなと思っていたのに・・・。
ただの波か・・・。

つくづく、明日の大学の同窓会をキャンセルにしておいてよかったと思う。
こういうことが起こるから、うつの間は予定が立てられないのである。
うつ病患者もだいたい同じのはずだ。(新型うつ病を除く)

さて、こういうときはあんまり食べる気がしないので、なんか目新しいモノを与えてくれないかなと思うのだが、うちの昼食ときたら、インスタントラーメン・そば・パック寿司・たこ焼き・焼きそば・目玉焼き、くらいがくるくる回転している貧相な貧しい食卓なのである。
ちなみに朝食はわたしの場合、ごはんにいかの塩辛と「アラ!」とビール、と決まっている。
栄養素が、とっても偏っている気がする・・・。
でも、全部用意してくれているので、わたしは文句は言わないことにしている。

それにしても、先日はなんだか我慢ならん、というところまで来て、なにが我慢ならんのかなと考えたところ、うちの食卓には洋風のものが一切ないことに気づいた。
スパゲティとかピザとか・・・、とにかくクリーム系のもの全部!!
じつは、うちの母が、牛乳・チーズを始めとする、牛関係のものが全部駄目なのだ。
牛肉を焼くときなんか、「あーー臭い!!」と言いながら焼いている。
その手にはビニール手袋。なぜなら、牛肉に触れると、手がかぶれるんだそうである。
そこまであっちゃあ、「クリームシチューが食べたい」なんて言えませんよ。
だからって、ビーフシチューはもちろん駄目だから、うちの家ではシチューはほぼ出ない。

そういうことで、そうか、うつに入ってから自分で買い物しなくなったから、クリーム系のものが摂取出来なくなっていたのだな、と気づいて、わたしはある日、スパゲティをコンビニで買ってきて・・・とお願いした。
んで、そこでカルボナーラ? と頭に思い浮かべたのだが、なぜかそのとき「NO」が出たので、ミートスパにした。
それ以降、両親は、選択肢のなかに「それとも、スパゲティにする?」を入れてきた。
でもさ、やっぱりスパゲティもそればっかりになると飽きるよな。
そこでこのまえ、診察日で外出した帰りには、久々のマクドナルドに寄り、ハンバーガーとチーズバーガーを食べた。
ちょっとだけ、こころが満足した。

軽躁のとき、デイケアやスタジオの帰りなどに誰かを誘って、飲みに行っていたときは、いろんなものを食べていたなあ。
本物のスパゲティ、ピザ、天ぷら、串カツ、焼肉、ドイツソーセージ、本物のラーメン、創作麺、バルのメニュー、フレンチのメニュー、パックではない魚介類料理、チョコパフェ、・・・
どれもいまは手に入らないものである。

ああ、インスタントラーメンなんて、ほんとう言うと食べたくない。
もっと変わったものが食べたい。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。