NHK朝ドラの行方 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

NHK朝ドラの行方

mugi

NHKの朝の連続ドラマ「まっさん」を、わたしはたまーに観るというか、目にするのだが、あれって一話が短いから、最初に出て来る登場人物のクレジットで、ある程度、本日の結末みたいなのが予想できなくね?

わたしは昨日に引き続き、今日も少し遅く起きたので、偶然それを観ていた母とかち合った。
「確か、昨日は、キャサリンが出てきて、一緒にイギリスへ逃げよう!って言ってたよな。で、それを振り切って、エリーは日本にいる、って言い張ったんだよな」
「それから、まっさんと誰かがエリーについて話していて、エリーをイギリスへ返すべきだ、と力説されていて、それを陰で聞いていたエリーが涙を流していたよな」
「そっか、エリー役の女優さんの髪をわざと金髪にしたのは、いかにも”外人”→”敵”→”いじめられる”という図式を作るためだったのね」

ほんで、本日は・・・
「あれ、クレジットにキャサリンがいない。ということは、本日はまだ、渡航が決定するわけじゃないのね」
「あら? エリーの葛藤を後押しするかのように、故郷の親類からの帰ってこい手紙、なんかウロウロしている特高の人、さあさあ、雲行きが怪しくなってきましたよ・・・」
「この展開・・・もしかして、エリーは結局、渡航することになるんじゃないのかなあ。だって・・・だってだって・・・」

そこで、話は帰納法に入っていくのである。
つまり、結末から物語を考えていくのだ。

「つまり、この物語はハッピーエンドなのか、アンハッピーエンドか、どっちなのよ」

もし、ハッピーエンドなら、二人は一回は離れ離れにならなきゃならないと思うよ。
だって、いつまでも二人一緒で頑張って、幸せになりました、なんて話、面白いか?
もし二人一緒でハッピーエンドにしたい場合、エリーを日本で思い切り虐めなければならない。
防空壕に入れてもらえないとか、特高に捕まって、拷問には遭わないだろうけど(朝ドラだからな)、ひどい目に遭うとか。
まっさんが兵役に取られたら、物語が続かないし、やっぱ、動かれるのはエリーのような気がすんだよねえ。

なんだかんだ言って、結局、故郷に帰ることになるんじゃないのかなあ。
その前に、端役(例えばいまのお手伝いさんあたり)が、生贄になりそうな気がするわあ・・・。
特高に捕まって、ひどい目に遭い、
「ああ・・・、なんてことでしょう・・・わたしがここにいたために(エリー談)」
「エリー、やはり、もうここにいては駄目だ。周りで僕たちを支えてくれた人たちのためにも。きみは、故郷へ帰ってくれ(まっさん)」
「まっさん!(エリー)」

しかしこの展開には、一つ難がある。
視聴率とロケの問題だ。
エリーがもし、画面から消えたら、このドラマって、すげー地味になるじゃん。
だから、定期的に出さなきゃならないと思うのね。
つまり、エリーが、はるか彼方の故郷スコットランドで、まっさんを想う姿が描かれなければならない。
でも、NHKの朝ドラってこれまで、外国ロケまでしたことってあんの?
そこんとこが微妙ですなぁ。

で、まあ、ハッピーエンドの場合、一応毎回、クレジットの出る画面で麦畑が描写されているので、わたし的には、北海道だかどっかの大麦畑の中で、「ほら、エリー。たわわに実った大麦だよ。君の髪の色だよ。いろいろ苦労してきたけど、これからはずっと二人だよ」(くさいな)なーんて、まあNHKはそんな台本書かないだろうけど、だいたいはそんな感じで終わりかなと思う。


アンハッピーエンド・・・これは、朝ドラでかつてあったのかなあ?
まあ、あるとしたら、この場合は、エリーは渡航せずに日本で残留。
エリーは防空壕に入れてもらえなかったり、意地悪されたりして苦労するが、それでも中には庇ってくれる人たちもいて、人間の温かさを噛みしめる。
しかし、戦況は悪化。
食べるものもなく、金属類は兵器製造のために没収され、まっさんのウイスキー工場の存続も危なくなっていく。
そんななかでも、エリーは負けない。
「まっさん! だいじょぶ! だいじょぶ!」
愛する旦那を励ましながら、ひたすら家族を想い、気丈に生きる。

だが、心労がたたって、やがて倒れる。
「結核です」と医師に病名を告げられる。
終戦。
嵐が過ぎ去ったあと、夫婦は寄り添い、ウイスキー工場を建て直し、まっさんは納得のいくピュアモルトウイスキーを作ることに成功する(もう作ったの? いままでのストーリー知らないもんで)。
そして、静かに息を引き取るエリー。
彼女にしがみ付いて泣きながら、まっさんは彼女の唇にピュアモルトウイスキーを注いでやる。
「エリー。きみの故郷の味だよ」
ああ・・・なんて切ない・・・美しい夫婦愛・・。(完)

つーかわたし、どんだけ暇なわけ? なにこの長文? 妄想炸裂してるし!
もと漫画家志望者だったもんで、許してね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。