男脳と女脳 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

男脳と女脳

hinamatsuri

なんで、3月4日のブログに、お雛さまのアイコンが? って感じですが、わたしは日付感覚がないもので、昨日の夕方TVでひなまつりの日であることを知ったのですよ。
そんで、夕ごはんを食べながら、TVの中のお雛さまを見ている最中に、わたしはぼそっとつぶやいた。
「わたし、昔から、お姫さまとか王女さまとか、嫌いやったな・・・」

すると、母がびっくりするくらい反応して、「そーやねん! あんたはぜんっぜん、人形とかそういう、女の子らしいものに興味を持てへんかってん!!」
確かに・・・。
例えば、あれって羽子板だったのかな? 日本髪を結った可愛らしい女の子を見て、「うげっ。わたし、こんなの嫌い」って思った記憶がある。
「その代わり、刀とか振り回してた」と母。
「・・・そういえば、マントつけて遊んでいたな・・・(ヒーローのつもりだろうか・・・)」

その精神は、20歳のときにも現れた。
成人式の晴れ着、どうする? と母に聞かれて、わたしと妹(双子)は、一斉に「そんなもん、要らん!!」。
いまもそうだけど、あんなもん来て、しゃなりしゃなり歩くのが楽しいなんて、ついていけんよ。
母は、一着50万円×2=100万円の支出に頭を痛めていたのだが、それを聞いて、ほっと胸をなで下ろしたらしい。
代わりに、5万円くれて、バーゲンでも行ってきなさい、と言ってくれた。
わたしは、大喜びで、当時絶対手の届かなかったBIGIのセーターなんか買ったのでした。
もちろん、成人式には参加せず。いいのか悪いのかわからないが。

こんなわたしは、男脳か女脳かと言われると、男脳かな? と思うのだが、男脳に独特の空間認知能力、つまり地図を読むのなんかは、てんで駄目なんだよね。
そこで、テストをしてみた。
30問の質問に答え、300点中0~180点が男脳、150~300点が女脳というテストである。
そこでわたしは・・・110点をマークしてしまいました、うわーやっぱり男脳だ!
それで、女同士のおしゃべりとか、苦手だったのか・・・。
実は、いまだに苦手意識があるんだよね。

よく、男が、女のおしゃべりはくだらねーって言うの、わたしすごくわかるんだよ。
うまく説明出来ないけど、議題がない?
女のおしゃべり:「昨日、あの映画観てきたよ」「へぇ~、どうだった?」「うん、面白かったわ。 お客さんもいっぱい入ってたし」「それはすごいね」「でも周りみんなカップルで、わたし、居心地悪かったわ」「また、彼氏見つけたらいいじゃない」「んー・・・でもね、まだ彼のこと好きだし」延々。
男の会話:「おい、昨日おまえ、何しとってん」「(そもそも自分から映画の話なんかしない)映画観に行っとった(じつは一日中彼女と一緒)」「そかー。いや、実は××の件で、おまえに話したいことがあってんけどな」「何やねん」「おまえ、××に金貸しっとったやん。アイツ、あちこちから金借りて、踏み倒しとるらしいで。おまえのも返ってくるか、わからんぞ」「マジかよ!」以後、今後についての話し合い。
わたしにとっては、男の会話は理解出来るのよ、でも女のおしゃべりって何?
なんの話してるの? 映画? お客さん? 彼氏??
この会話、男に話して聞かせたら、絶対うんざりするよ。態度には出さなくても。
嫁さんが今日あったことを話しているのを、旦那はあたまの上で聞いているって、わかるわあ。

ということで、女とカフェでおしゃべりに花を咲かせるよりも、男と飲み屋で酒飲んでる方が、100%好きなわたしは、この姿勢を貫きたいと思います。
でも、わたしは所詮女なので、まったく男同士の話っていうわけにはいきませんが。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。