開会式の弊害 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

開会式の弊害

koukou_yakyu

いま、春の高校野球をやっていますが、いっつも見ていて思うのは、「開会式のすぐ後で、試合するのってどうなのよ?」である。
運動選手なんだから、当然アップが必要だ。こころの準備も要る。
それをですな、行列組んで一糸乱れず歩かされて、ずっと立ちっぱなしでしょ。
アスリートとして、いいことひとっつもないと思うんだよね。

これを選手はどう考えているのか知らないが、やっぱり嫌だろうな。
相手チームも同じ条件だといえば、それはまあそうなんだけど。
一回戦で負けたら、一瞬のうちに、ハイさようなら、だしね。
開会式のあとの試合は、やっぱり嫌だろうな~。

わたしは野球選手じゃないので、本当のところはわからないが、陸上選手として言えることはある。
陸上選手はですな、有力選手は、開会式に出ないです。
だって、あの真夏の暑いなか、ずーっと立たされっぱなしでしょ。
陸上はその日のうちにレースをしたりはしないけど、マイナス要素になることは間違いない。

そんでも、わたしのときの鹿児島インターハイでは、大阪は全員、開会式に出ることになっていて、仕方なく伊丹空港まで行った。
そしたら、「台風接近のため、欠航」との話。
わたしは全国的には有力選手じゃないので、「あーあ。ミズノで買わされたユニフォームがパーですか」と思った。
でも、後から考えて、出なくてよかったと思う。(あそこ、灰が普通に降ってくるし。)

さて、そこでスポーツの祭典、オリンピックの話になるのだが、わたしはこれの開会式を見ていても、「大丈夫か・・・」と不安に思うことがある。
だってさ、最初のギリシャから始まって、ラストのどっかの国まで、かなり時間があるじゃない?
その間、選手はずっと立って待っていますよね。
アスリートの頑丈な身体とはいえ、翌日試合を控えている選手なんか、複雑な気持ちじゃないのかな。
選手が入場したあとも、いろいろ儀式やっているし。
とはいえ、一生に何回もあるわけじゃないオリンピック。
その開会式に出たいという気持ちはあるだろうな。

あるいは、やっぱり思惑のある選手は出ていない?
後の方に試合がある選手は、ギリギリまで他国にいたりするしな。

しかしまー、いずれにせよ、高校野球において、有無も言わさず行列参加させるのは、あまりスポーツらしくない。
アスリートのパフォーマンスが落ちることはあっても、上がることはない。
夏の甲子園なんか、もっと地獄だよ。
いい加減、スポーツ=精神力、みたいな考え方、やめた方がいいのでは。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。