精神病カップルはアリか? - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

精神病カップルはアリか?

koibito

「精神病患者同士の恋愛はアリか」って話題、患者同士でしょっちゅう出るんですよ。
やっぱりみんな、恋愛とか結婚とか、絶望的に思っているから、せめて患者同士で仲良くできる人はいないか、って考えるのかなあ。

わたしが思うにですよ、これは「ナシ」というか、「やめた方がいいんじゃないの」なんです。
実際、わたしがやりましたからね。
患者同士っていうのは、お互い病気を引っ張り合うことがあるんですよ。
そんで、最後は両方とも倒れる、と。

まあそれでも、簡単にお付き合いしているだけならよしとしよう。
でも、一緒に住むとなったら、これはほとんど無理だと思う。
精神障害者は、ほとんどがまともに職につくことができないのに、どっちかが働かなきゃいけない。
仮に両方が生活保護だとして、どっちか一人の家に住んで不正受給したとしても、やっぱり最初の問題――お互いの病状を引っ張り合う問題は、解決できないと思う。

そんなわたしの「引っ張り合い」体験を書いてみようと思う。

【わたし:躁うつ病、 彼:重度うつ病】
1.入院中に知り合い、数か月後同棲する。
2.わたし:躁でバイト始める、小説書き始める。/彼:孤独になる、寝込み始める。
3.彼:本格的に寝込む、家事放棄。/わたし:二人分の家事とバイトと小説でへとへとになる。
4.わたし:バイトをやめ、家事もできない状態に。/彼:再入院する。
5.彼:入院/わたし:入院

・・・ということで、振り出しに戻ってしまい、なんの実りもない恋愛となったのでした。
うちの両親にも迷惑をかけたし、彼のことは好きだったけれど、どうしようもないものがあった。

わたしの感じでは、健康だったときに比べて、精神力も身体も弱くなっていると思う。
精神力とは、「気が強い」とかじゃなくて、ストレスに弱いとかそういったものである。
身体はほんとうに弱くなるらしい・・・病院の冊子に書いてあった。
みんなすぐくたばるんだよね。ちょっと歩くのでも努力を要するんだよね。

さて、こんな「弱い」人間が「弱い」者同士で、厳しい社会のなかやっていくのは難しいだろう、というのがわたしの結論なのだが、では「強い」健常者とうまくやれるかというと、もっとできないと思う。
ほかの障害者はどうだか知らないが、わたしから見ると、健常者はあまりに元気すぎる。
ついていけないのである。
一年中、同じ体調でいるなんて・・・。それに、活動量が全然違う。
たぶん、相手を失望させてしまうだろう。
これも、軽いお付き合いまでならOKだが、結婚・同棲となると、絶対駄目だなと思う。
それでも、若い人たちは夢みたいだろうなあ。
病気をカムアウトしてふられた人の話なんか聞いていると、患者全員、涙だわ。

まあ、こうはいっても、症状の軽い人同士なら、なんとかやっていけるかも知れない。
どっちかが完璧に働けるかどうかがポイントだねー。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。