カレンの声 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

カレンの声

carpenters2

なんかのCMで、「この曲知ってるんだけど、なんだっけ」と気持ち悪くなったので、巨大掲示板で誰かに訊いていたのである。
そしたら、昨日になってようやく、回答者が現れた。ラッキー。
それは、野村証券のCMで、カーペンターズの”愛のプレリュード”だった。
そうなのよ、カレンの声には間違いないと思ってたんだけどね。
謎が解けて、すっきりしたー。

カーペンターズとの出会いは、小学校低学年に始まる。
当時、エレクトーンを習っていたわたしは、それが何の曲かも知らずに、ただ音符だけを拾って弾いていた。
だから、ビートルズも知っていたのに、中学校のとき「好きな音楽家は?」と訊かれて、「ポール・モーリアです」という訳のわからない答えをしていた。
いまにして思えば、”Close To You”という曲が好きで、”Top Of The World” ”Sing” ”Yesterday Once More” は嫌いだった。(なんだ嫌いなのばっかりじゃないか。)
いまでもその傾向はあって、カラオケ屋でも、嫌いな曲は歌わない。
代わりになにがくるかというと、”マスカレード” ”スーパースター” ”ア・ソング・フォー・ユー”などである。
ちょっとマイナーコードで、歌詞も切ないのが好きなんだよね。
これは、小さい頃からずっと変わっていない。

もうずっと、カラオケに行っていないけど、また元気が出たら、歌いに行こう。
わたしの声は、ちょうどカレンの声とキーが同じなのである。
もっとも彼女は、3オクターブ持っていたそうだが、あまり広い音域で歌っていない。
広い音域を持たないわたしとしては、歌いやすい歌手の一人である。

ほかに、キーを変えずにすむのは、サラ・ボーンとSADEくらいかな。
オリビア・ニュートン・ジョンなんて、えげつない高さだよ。
キーを5個下げるけど、息つぎもいつやってんの? っていうくらい苦しい。
もっとえげつないのは、サイモン&ガーファンクル。
男のくせに、どんだけ高いの? 歌えません!!

で、見てのとおり、最近の曲はもう、追っていないんだよね。
歳をとると、だんだん新しいものが入ってきにくくなるらしく、先日高校の同窓会で再会した、音楽狂の元カレも「もう新しいのは聴いてない」と言っていた。
そうなんだよねー。
あれほどの音楽狂が、そう言うんだから、たぶん多くの人がそうなんじゃないかな。

ということで、わたしは少ないストックのなかから、一人カラオケすることになるのです。
これから新しく歌うとすれば、今回の”愛のプレリュード”みたいに、知ってるけど曲名を知らなかった! みたいな曲を発掘したときかなと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。