FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

Sというジャズ喫茶

woman6

そのジャズ喫茶は、4回付き合って別れた彼に教えてもらった。
薄暗い部屋。そして、ものすごく大きなスピーカーがあった。
大音量。
でも、ご主人はとても控えめで、ぼそっと注文を聞きに来るだけだった。
そして彼は、おそらく一日中、好きなジャズを聴いているに違いなかった。

わたしたちは、高校生の分際で、たまにそこへ行った。
そして、別れてからは、わたしは一人で。

ある日、わたしは仕事で落ち込んで、その店でカクテルをあおっていた。
すると後から聞いたのだが、その場にわたしの同級生がいたらしい・・・。
恥ずかしかった。なんで声をかけてくれなかったのかと。
「なんか悪い気がしたから」と言われた。
また、失恋したとでも思ったのかしら?

テーブルには、小さな野の花が飾られていた。
わたしはいつも、古いレコードのブツブツいう音のなかで、カクテルかバーボンを飲んでいた。
ときどき、曲のリクエストもした。
「クルセイダーズの新しいの」。
でもそれは、ご主人の趣味ではなかったのを知っていたのだけれど、彼のやさしさに甘えさせてもらった。
なんだか、不思議と心地のいい空間だった。

でも、どうしてだろう?
その店は、あるとき行ってみたら、突然移転していた。
嘘でしょ? と張り紙をしばらく眺めた。
あの大音量で、またバーボンを飲みたかったのに。
わたしの高校時代から、社会人になってからの時期を、すべて知っているあのお店。

わたしはジャズに詳しくはない。
でも、あの空間で聴いたジャズは、ほんとうにこころに沁みている。

該当の記事は見つかりませんでした。