美しい女 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

美しい女

woman7

その女は美しかった。
わたしの彼が、わたしを差し置いて選んだ人。
あまり知らなかったが、こんなに綺麗な人だとは思わなかった。
背が高くて、身なりも小奇麗で。
彼女はニコニコと誇らしげに笑っていた。
わたしのなかに、邪なこころが生まれた。

わたしは、さっそく元彼を誘惑した。
彼が、目移りしやすい性質であることを知っていたからだ。
そして、彼の車に乗ったとき、この二人は長くないと確信した。
なぜなら、美的センスを誇る彼が、車内にへんなぬいぐるみと、ダサい傘を置いてあったからだ。
この二人はおそらく、趣味の点でまったく合わない。
一方、わたしと彼は、趣味も美意識も一致していた。
わたしは、勝ったなと思った。

だが、意外と彼はその後も、彼女と別れなかった。
わたしはどうかしている彼に違和感を覚え、やがて彼のもとを去った。
するとまもなく友人から、彼が彼女と別れたと聞いた。
そう。
もしかしたら、わたしとの二重関係がばれたのかもね。
わたしは悪魔なことに、彼が彼女と付き合っている最中、その友人に、彼と私の関係をばらしていたのだ。
すぐばれる簡単な浮気なんてするもんじゃないわよ。
わたしはそれで、気がすんで、彼のことは忘れた。

こんな悪魔的なことを、わたしはいつでもできる。
あの美しい女の顔に泥を塗ったのだ。
わたしは、彼が欲しいというよりも、それがやりたかったのかも知れない。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。