ボーイング777 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ボーイング777

hikouki

その彼は、旅客機がとても好きだった。
とくに、ボーイング777。(トリプルセブン)
いつも空を見ていて、トリプルセブンを見つけると、彼は「トリプルセブンだ」と立ち止まった。
彼は、将来パイロットを目指していた人で、旅客機の機種なら、かなりの高度でも見分けられた。
パイロットへの夢は、高校生のときに視力を悪くしてから、断たれていた。

入院先の、青い芝生の上にふたり寝ころびながら、空をいつまでも眺めた。
ちょうどそこは旅客機の航路になっていて、ひっきりなしに機影が行き来していた。
ふたりでトリプルセブンを探す時間は、とても楽しく、ゆったり流れていた。
早春のそよ風が、ふたりを包んでは通り過ぎていった。

「空港に旅客機を見に行こう」と提案したのも彼だった。
わたしは一回で快諾した。
彼は、空港に航空無線を持ってきた。必需品なのだという。
「まえに聞いてたやつが、機長が”オレのうな重に鰻がない!”っていうのが聞こえたことがあるって」
その話にわたしは大笑いした。
実際、航空無線を聞いてみると、略語の嵐で、それは英語でさえなかった。
でも、まったくわからなくても、滑走路をゆく旅客機と、無線の中で交わされる言葉の内容を想像するのは、とても愉快だった。
でも、なによりも彼と一緒だったのが、いちばん嬉しかったのだろう。

こうしてわたしと彼は、恋仲になり、そして、つまらないことで別れた。
ふたりとも病気だったから、余裕がなかったのだ。
男女の仲は、友だち同士のそれより脆い。

でも、いまでもわたしは、空にゆっくり旅客機が移動するのを見つけると、彼を思い出す。
わたしには、どれがトリプルセブンかわからないし、時代はもうボーイング787に変わってしまった。
彼はもうここにはいないけれど、あのとき、トリプルセブンを探した季節をわたしは忘れないだろう。
ほんとうに、パイロットになれたら、よかったのにね。
いまは、どこの空を眺めているのかな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。