月夜 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

月夜

yubi

ふたりは高校生で、お互い初めて異性とつきあう仲だった。
ある飲み会のあと、彼と彼女は、飲み会メンバーの一人の家に泊まり、みんなで雑魚寝することになった。

月夜だった。
彼は彼女に「起きてる?」とひっそり言った。
「起きてるよ」
「そう。じゃ、指を貸して」

彼女が指を差し出すと、彼は彼女の指を舐めた。
彼女はぞっとした。
生温かくて気持ち悪い・・・なぜ、こんなことをするんだろう。
次に彼は、指を差し出して言った。
「俺のも舐めて」
彼女はまったく気が進まなかったが、言われるとおりにした。
気持ち悪い・・・指はこうして使うものじゃないでしょう?

そのあと、彼が言った。
「俺はあなたと、憎んでも憎しみきれないほど、愛し合いたい」
彼女には、よく意味がわからなかった。
どうやら、彼の方が性的に成熟しているらしいということだけはわかった。

その後、彼女は彼のことを気味悪く感じて、別れを告げた。
彼はとても悲しみ、その後、何年も女性と付き合えないほどのダメージを受けた。
しかし年月が経つうちに、彼は狡猾になっていき、一人の男になった。
変貌した彼を再び見た彼女は、違和感を覚えながらも、再び付き合うこととなった。

だが、彼女は、彼の狡猾な部分だけは許すことができなかった。
ふたりはよく喧嘩をした。
彼女がもっとも許せなかったのは、彼の女癖の悪さだった。
そして何度目かの喧嘩の末、お互い罵り合いながら、激しく別れることとなった。

何十年も経った。
彼らは、高校の同窓会で再会した。
そのとき彼らは、ほんとうにお互い憎んでも憎みきれない関係となっていた。
しかし、彼の方はそのことについては触れなかった。
「元気そうだね」
「うん・・・・・・」
「あれ? 丸くなった?」
彼女は、どうやら自分が気の強さから、彼に愛想を尽かされたことに気づいていた。
そして、こころのなかで思った。
「(あなたが言ったとおりの関係になったわよ。よかったわね)」
おそらく、あんなふうに過ごした月夜のことを、彼はとっくに忘れている。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。