猫の襲来 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

猫の襲来

kuroneko

昨晩、スカイプで話すべく、寝ている父との境の扉を閉めていたら、「にゃお~ん」と鳴く声が聞こえるのである。
うちの黒猫だ。
部屋に入れろと言っている。

わたしはすぐさま、扉を開けてあげた。
すると、また「にゃお~ん」と言いながら、部屋に飛び込んできたのである。
かわいい・・・! じゃなくて、これ毎日続くんか?

猫はその後、うちの部屋を占領し、猫用ソファに寝っ転がってすやすやと寝はじめた。
それで、わたしはまた小声でスカイプしていたのだが、今度は起きてきて「外に出る」と言う。
やっと出ていくのかと思えば、完全には出て行かず、じーっとこっちを見ている。
甘えたいのだな。
しかし、わたしも夜のわずかな楽しみとして、スカイプをしたいのだ~。

だが結局、わたしが根負けして、スカイプを落ちて、猫と遊ぶことになった。
猫はベタベタすりよって、わたしが座っていたパソコン用の椅子に座ってしまった。
わかりやすいなあ。
もう、ここには座らせないということね。はいはい。

ひとしきり遊ぶと、猫はパソコン用の椅子に落ち着き、わたしは歯を磨いて睡眠薬を飲んで、そのまま寝た。
その後、どうなったかは知らん。
しかし一つ言えるのは、この日を境に、猫にとってパソコン用の椅子は敵になったということだ。
パソコン用の椅子に座っている限り、わたしは遊んでくれない。
だから、先にパソコン用の椅子を占領してしまおうという魂胆なのだ。

猫にも悪知恵がある・・・。
わたしはちょっと、あたまを抱えている。
今夜も猫のお守りで、わたしはスカイプをやめなければならないのか。
昼、遊んでやろうとしても、知らんふりしているくせに。
ほんとうに、猫って気まぐれだ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。