氷結を飲みながら - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

氷結を飲みながら

lemonade

「氷結」って美味しいよ、と恋人Sちゃんに言われて、レモン味を買ってみたのである。
確かに美味しい。
ジュースみたいだね。
でも、アルコール度9%ある優れもの。
今度から、冷蔵庫の定番にしよっと。

昨日はその氷結を飲みながら、夜、Sちゃんとスカイプしていたのである。
もう毎日スカイプ。
座っているのがしんどくなって、最近ではごろんと横になった状態で話している。
理論武装の鎧で固まっていたSちゃんの話題も、ここのところゆるくなってきた。
むずかしー話をし始めると、わたしがあくびをし始めるからだろうな。
でも、鉄オタの部分は治らない。
鉄道を愛しているというよりも、鉄橋やトンネルを愛しているという、へんな鉄オタだ。
どこそこのトンネルは明治何年に建てられて・・・とか聞いていると、わたしはまた眠くなる。
Sちゃんの難しい話は子守唄だー。
あっちは気づいているんだろうか。

Sちゃんはまだ付き合い始めで、熱くなっているので、金曜に仕事が終わったらそのまま車でマンションに来て、どこかで飲んで、土日を過ごし、月曜日にまたそのまま会社へ行くという、壮大なプロジェクトを立てている。
57歳の身体にそんなことが出来るのかなーと思ったが、本人はいたって平気である。
男の人って、ほんとに最初は熱いねー。
まーそのうち、娘夫婦が新居に引っ越してきて同居するようになったら、そんなことピタリと言わなくなるんだろうな。
それもまた、淋しいけどね。

熱くなっているSちゃんは、将来一緒に住みたいと思っているみたいだが、わたしには絶対無理だな。
Sちゃんにとっては天国だよ。
娘夫婦と孫に囲まれて、新たに伴侶もできて。
でも、わたしにとっては、全員知らない赤の他人だ。
しかもわたしは病気を持っていて、1年のうち3・4か月は寝たまんまだ。
とてもじゃないが、他人のなかで暮らせるわけがないね。
まーそのうち、Sちゃんもそのことに気づいていくだろう。

というわけで、朝のくすりを飲み忘れていたわたしは、躁からいまうつに転じている。
眠いんだよ、とにかくー。
今朝もSちゃんからメールが来たのだが、途中で寝てしまった。
なにをするにもだるいし、早く躁が戻ってくるのを待つばかりである。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。