FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

同居生活を改めて考える

sashimi

恋人Sちゃん、今日は午後2時で会社早退して、うちのマンションに来るんだって。
その後、土日泊まったあと、月曜日そのまま車で滋賀まで出社。
男って、ほんとに付き合い始めは、女に尽くすよねー。

それはさておき、今日はそんなわけで刺身で一杯やる予定である。
このまえ飲み過ぎて、ゆみちゃん2号が出てしまったので、今回はあまり飲まない。
翌日は、焼肉を食べに行く予定。
いいね、いいねー。デートしてるねー。

昼も夜もスカイプして、ときどきこんなふうに会って。
これが長く続くといいな。
でも、Sちゃんは事あるごとに、一緒に住みたいって言う。
改めて考えたんだけどさ、もー絶対無理なんだよね。
Sちゃんの家は、2世帯住宅ではない。
だから、娘さん夫婦と完全同居になるわけだ。
そしたらさー、ほとんどが共有部分なんだから、トイレとか風呂とか台所の掃除とか、誰がすんの?
ごはん、誰がつくるの?
わたしはさ、32歳で独立してからというものの、風呂掃除なんか「もーいいじゃん、明日にしても死なないよ」みたいな生き方をしているから、きちんとした人にとっては、たまらんと思うよ。

極めつけに、朝から酒飲んでるしさー。
Sちゃんはやめろって言うけれど、こんなの10年以上も前からの習慣だから、やめられないよ。
というか、わたしはいろんな意味で、もう俗世から離れて、好きなようにやろう、いつ死んでもいいやって決めている人間だから、朝のたったビール1缶くらいなんなのよって感じがある。
そんな人間を、改造できると思うかね?
同居しても、惚れた張ったのって言ってるの、最初の2・3年くらいまででしょ。
そのあとながーく続く人生を、赤の他人の群れで暮らすわたしの負担を、彼は一向に考えていない。
しかも、80代の両親が、いまだ健在なんだよー。
この人たち、いつまで生きるのか知らんが、いずれ食事の世話をしたりする人が必要になるだろう。
世捨て人になって気楽にしていたわたしが、老老介護か。
頼むから、やめてくれよー。

しかし正直な話、両親が死んで一人になったら、さぞかし淋しいだろうなと思うことはある。
Sちゃんがもし、ほんとの一人暮らしのやもめ生活だったら、少しは考えたかも知れないな。
でも、Sちゃんは自分では否定しているけれど、ほんとうに孤独な人じゃないからね。
娘夫婦と孫と両親に囲まれて、これ以上なにが不満なんだよって思う。

該当の記事は見つかりませんでした。