関空へ - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

関空へ

fantom

土曜日は、恋人Sちゃんと関空に遊びに行っていた。
写真を撮り忘れたので、Sちゃんがくれたファントムを張ります・・・。

忘れていたが、空港といえばわたしには爆弾があるのだった。
一つはKJ。
彼はANAを自転車のように乗り回していて、大阪から東京へ帰るときもANAで、わたしはいつもビールを飲みながら、それを見送っていたのだった。
もう一つは、結婚の約束もしたST。
この人は、関空の警備員をしていて、アメリカのなんとかいう航空会社のラインにいた。
彼は関空の、どのエリアにも入れる資格を持っていたので、国際線はやばかった。

そういうわけで、Sちゃんには黙っていたが、関空の国内線をうろうろした。
しかし、展望台で次々と離陸していくANAを見ると、わたしはなんだか憂鬱になってしまった。
昔の男の話はタブーだと知りつつ、帰宅してからSちゃんにANAの話をすると、SちゃんはKJに縁のある物を、「帰りに高速のゴミ箱に捨てる」と言って、その通りにした。
わたしは諦めつつ、「Sちゃんも、亡くなった元嫁のことをときどき思い出すでしょ? それと似たようなもんだよ」と言った。
「思い出すよ。でも、写真とか8ミリで撮ったものは、全部娘たちにやった。8ミリなんてもう再生できないから、あのまま捨てられちゃうんだろうな」と言った。

そして彼は、「もう空港関係は閉鎖な」と言って、話を打ち切った。

それから彼は、わたしに妊娠検査薬を買って、検査させた。
「いつまでも悩んでるよりはいいだろ」という、もっともな理由からである。・・・
結果は陰性だった。よかった!
Sちゃんも結果が出るまでじっと時間を計ってくれたりして、頼りになってくれた。
ありがたい。

もう一つ、薬局で液キャベGを買ってくれた。
自分が二日酔いでどうしようもないときに、薬局で「二日酔いにいちばん効く薬をください」と言ったら、これが出てきたんだそうだ。
「二日酔いとは違うけど、いっぺん試してみて」とSちゃんは言った。
飲んでみたら、数時間後に、ほんとうに胃が楽になった。
これ、効くわ~。
これまたありがたい。
でも、Sちゃんが日曜日に帰ってから、わたしは実家で調子に乗って、氷結とビールを飲んだら、また気持ち悪くなって、ゲロゲロだった。
アホや・・・。
月曜の早朝のいまも、胃が気持ち悪いです。
夜の12時に起きて、気持ち悪かったから、液キャベGを飲んだのになー。
今朝は、おかゆ少しくらいしか入りそうにないな・・・トホホ。

液キャベGは、一日1本と決められているので、今日一日は、また悩ましい胃と闘わなくてはならないのかな。
自業自得だ。
せっかくSちゃんが気遣ってくれているのにね・・・。
ほんとに、わたしはアホだな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。