恋人Sちゃんの長話 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

恋人Sちゃんの長話

fukidashi

恋人Sちゃんと話していて、ストレスを感じることがある。
Sちゃんの話は、長いのだ・・・。

「あのね」から始まって、5秒してから「こういうことがあんのよ」と言って、5秒経って「それでね」・・・という具合である。
わたしはいつまで経っても、結論が見えないので、その間じゅう、ずっと「うん、うん」「へー」「ほー」を繰り返さなければならなくなる。
これは、けっこうストレスだ。

まえに、ついに「Sちゃんの話は長い! 早く結論を!!」と言ったのだが、直っていないので、たぶん直らないんだろう。
まいるよなー。
困ったことに、「うん、うん」を繰り返しているうちに、わたしは眠くなってしまうのである。
昨日も盛大なあくびがたくさん出るので、「Sちゃんの話聞いてると、講義聞いてるみたい」と言った。
その場では「ごめん」と言ってくれるけれど、やっぱり直らない・・・。
だから、チャットは楽なんだよなー。
一人語りされなくて済むから。

下手に前彼が20代だったため、あの子のあたまの回転は速かったなーと思ってしまう。
Sちゃんも昔はあたまの回転が速かったみたいだが、57歳の今じゃ、どうしても若者には劣る。
知識はやたらめったらあるんだけどねー。
わたしとしては、もう少し軽快に話して、わたし自身も口をはさめるような雰囲気にしてほしいなと思っている。

それにしても、世間的には、わたしも50の女。
57歳を見くびってもいられないようだ。
7歳経ったらあーなるのかねえと思わなくもない。
だからといって、あたまのトレーニングとか、苦労する気は毛頭ない。
だから、わたしも57歳になったら、あんなしゃべり方になるんだろうな。
孫がいたら「おばーさんの話は長い」「それ前にも聞いた」って言われることになるんだろうな。

2004年から始めたこのブログだが、わたしはもう11歳も歳をとってしまっている。
内容的に、劣化は認めざるを得ない。
過去はほとんど全部語りつくしたような気がするしさー。
最近、これがあった、あれがあった、っていう報告になっているな。
あ、だから日記ブログなのか。
と、妙に理解してみたりする。

該当の記事は見つかりませんでした。