しゃべり方の癖について - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

しゃべり方の癖について

suidou

恋人Sちゃんが、プロバイダとの話もつけてやる、COOPとの話し合いにも付き添ってやる、と言ってくれたので、わたしの気は相当楽になった。
やはり、人との話し合いがいちばん辛いのだ。
とても簡単なことが理解できなかったりする。
なぜ、こんなふうになってしまったのか、さっぱりわからない。

水道・ガス・電気などは通じているので、問題ない。
ガス・・・2年ほど前に通しておいてよかった。
あれは、1時間ほど立ち会わなければならないんだよね。

「こんな面倒なことしなくても、うちに来ればいいのに~」と、Sちゃんは簡単に言う。
確かに、いちばん合理的なやり方だ。
わたしが滋賀に行って、両親がいまの不便な実家を売却して、うちのマンションに住む。
そうすれば、一見誰もがハッピーなのだ。

でも、わたしにはそれができない理由があった。
一つは、病気のこと。
こんな面倒くさい病気は、たぶん他人の誰にも理解できない。
そんななか、娘さん夫婦がいる家に住んで、うまくいくはずがない。

二つめは、Sちゃんといつまで続くかわからないじゃないかということ。
わたしは、Sちゃんという人が好きだが、しゃべり方と内容は好きじゃない。
Sちゃんのしゃべり方は、回りくどい。
「それ、5秒で話せるだろ?」という話を、10秒かけて話す。
その間、5秒くらい「・・・」という空白の時間があるのだ。
そのとき、わたしは「へー」と言って、待っていなければならない。
なんで、ピンポンみたいにお互いやり合える話にならないのだ。
わたしは、「へー」「ほー」「はー」と、相槌を打っているだけで、こころのなかでは「おい、その話いつ終わるんだよ」と思っている。
わたし自身が話したい話は、させてもらえない。

内容的には、政治・経済・企業・歴史・電車と、こっちからすれば、固い話が圧倒的に多い。
こんなの、カップルで話し合うやつらが、何%いるんだ?
大抵、女が退屈するだろ。
要は、Sちゃんは女に対して不器用なのだ。
ちょっと気の利いた男なら、相手が「ふーん」を連発し始めたら、「面白くないのかな」と話題を変えるか、「さっきからふーんばかりだね」とお伺いを立てたりするだろう。
それなのにSちゃんは、およそカップルのする話ではない話をして、相手がふーんを連発しているのに、表情を伺うこともなく、ずーっとその話を続けるのだ。
これは、ほんとうにしんどい。

あと、何度も同じ話をするという癖がある。
これは本人も意識していて、「その話聞いた」と言ったら、「そう、言ったね」と言うのだが、そう言いながら、最後まで話してしまうのだ。
聞いたって言ってるんだから、結末まで知ってんだろーが。
なんで、そんなに繰り返し同じ話をするのだ。
なんだか、そこんとこ、おじいさんみたいだ。

というわけで、わたしはSちゃんのことを、物知りで愛情もって接してくれて、ほんとうにいい人だなあと思うのだが、これで長続きするのか? と考えると、どうもそんな気がしないのである。
ましてや、その彼の家に入るなんて、いくらみんながハッピーになっても、わたしはアンハッピーのどん底じゃないだろうか。

今回の引っ越しでもいろいろしてくれて、感謝している。
でも、同居できるかどうかとそれとは別だ。
しゃべり方については、本人に注意している。
でも、そんなの直るもんかね?
そのへん、わたしには懐疑的だ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。