記憶を落とす - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

記憶を落とす

wasurenagusa

嫌なことが起こった。
また、記憶を喪失してしまったのである。

それも、今度は2回。
1回目は、引っ越し騒ぎをしていたときで、母によると、母に「死ね!」その他ものすごい罵倒を繰り返したというのだ。

でもわたしは、引っ越し騒動をしていたときは怒っていなくて、むしろ「やっぱりこの家を出て行かなきゃいけないんだ・・・」と無力感にさいなまれていたのである。
そんなわたしが、母に向かって「死ね!」など言うわけないのである。

しかし母は、わたしが言ったものと思い込んでいるので、「忘れたのね。あんなことを言っておきながら」と言う。
いや、違うって・・・。
それ言ったの、わたしじゃないって。

わたしは多重人格者ではないが、ときどきべつの自分が出てきて、暴言を吐いたり暴れたりする。
やっぱ、一種の解離なんだろうな。
ちっちゃいゆみちゃんというのもいて、そいつはモノを隠しては喜んでいるし。
いったい何なのよ。

もう一つは、シルバーウィーク中、恋人Sちゃんといたときである。
わたしは風呂に入れないので、土曜日にSちゃんに身体を洗ってもらった。
それで終わりだと思っていたら、Sちゃん曰く「月曜日も洗ってあげたよ」と言うのである。

これにはぶったまげた。
知らん。全然知らん。
Sちゃんの話によれば、こうだ。

「月曜の昼、外で気分が悪いと言い出したので家に帰ると、わたしはしんどいと言ってベッドで寝た。その後、3時過ぎに起きてきて、お腹が減ったと言うのでもう少し待ちなさいと言った。すると今度は身体から焼肉の匂いがして臭い、マッハでシャワー浴びると言うので、マッハじゃ駄目だよ、ちゃんと身体を洗わないと、と諭すも嫌がるので、自分が洗ってあげた」というものである。

わたしの記憶は、寝るまえあたりから途切れている。
起きたときは、完全に別人になっている。
その後、いつ「自分」に戻ったのか知らないが、5時過ぎに夕食を食べたとき、鴨があったのは覚えている。
たぶん、そのへんは「自分」なんだろうな。・・・

Sちゃんに、月曜日に身体洗ってもらったことなんか知らない、と言ったら、驚愕していた。
Sちゃんはちっちゃいゆみちゃんとは出会っているが、その他の人々? とは会っていないし、いるとも知らないのだ。
「俺は、いったい誰の背中を洗ったんだ?」と悩んでいた。
すまん・・・。
でも、言ってくれてよかったよ。
もし月曜も身体を洗ってくれたのを知らないままだったら、感謝もできないからな。

今日は診察日なので、話すことがいっぱいある。
5分の診察時間では、到底話しきれないので、母にメモってもらった。
2年間も風呂で石鹸使ってないとか言ったら、顔をしかめられそうだな。
こんな汚い身体、Sちゃんよく洗ったよ。
子どもを洗い慣れているから、なんかその要領でやっていた気もするけどね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。