診察の内容いろいろ - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

診察の内容いろいろ

shawa

昨日の診察では、母にいろいろ問題点を書いてもらって、H主治医に提出したのであるが、H医師はおもに、お風呂の件とシルバーウィーク中の吐き気について聞いてきた。

「お風呂に入れない?」
「もう2年くらい石鹸使ってないんですよ。最初の半年は浴槽に浸かるだけにしてて、ある日首筋に垢が浮いているのを発見してから、浴槽内で身体をこすることにしたんですけど」
「(顔をしかめる)なんで、石鹸使えないの?」
「浴槽から出れないからです」
「でも、シャワー浴びるとかできるでしょ。シャワー浴びながら、背中とか洗えばいいじゃないですか」
「・・・身体洗うの、重労働なんですよね。しんどい・・・」

ほんとに、最近とみにお風呂がきつくなってきている。
お風呂の前なんか、泣きたいくらいだ。
「わたし、じつは風呂専用のヘルパー欲しいと思ってるくらいなんですよ」
「・・・・・・」

次に、シルバーウィークから始まった吐き気について訊かれた。
「シルバーウィークはどうでしたか」
「3泊4日で、彼氏がマンションに来たんですけど、わたし鉄則を忘れてしまって。わたし、2日連続の外出は、2日目にダウンするからしないようにしてるんです。でもうっかり入れてしまって、案の定2日目にダウンして、途中でおえおえって吐き気が止まらなくなったんですよ」
「一日目はなにをしたの?」
「単に、ブックオフに行って、ボーリングしただけです」
「それで、彼は4日目に帰っていったわけやね」
「でもその後、ビデオチャットしたら、彼の顔を見たとたん、またおえおえが始まってしまったんですよ」
「どういうこと?」
「ふだんはどうもないですけど、ビデオチャットの場合、正面対峙して話すでしょ。彼はそこで、一人でわーっとしゃべるから、わたし、口出しできないんですよ。政治的な話でも、自分が賛成派ならその意見だけわーっと述べて、もしわたしが反対派だったらとかいう配慮がないんです。わたし、なにも意見が言えなくて、すごくストレスになってるんですよ。そのせいだと思ってます」
「ふーむ」

その後、母に向かってすごい罵倒をした件と、月曜日に風呂に入れてもらったことの記憶がない話になった。
「引っ越しのとき、わたしは母に怒ってはいなくて、むしろ無力感にさいなまれていたんですよ。それなのに、母に「死ね」とか言うわけがないんです」
「うーむ」
「まえにも、彼氏の前で、突然” わたし、お口が小さいから、こんな大きな刺身食べられなーい” とか言って、刺身をズタズタに切り裂いたことがあるらしいんです。でもわたし、そんなこと言わないししないし。誰やねん、それ、って感じですよ」
「ふーん」
「わたし、言ったこともないのに言ったとか、したこともないのにしたとか、わりとときどき人に言われるんで、今回もまたかって感じがしないでもないです。だから、母を罵倒したのは、わたしじゃないですよ」

これは本心なのだ。
昨日、母から「わたしに死ねとか、それよりもっとひどいことを言った」と言われたので、それはいつかと訊くと、9月の1日と2日だというので、なんだ最近じゃないかと思い、一生懸命思い出そうとしたが、どう考えてもその時期は、引っ越ししなければならないと打ちひしがれていた時期で、そんなことを自分が言うはずもないと思えるのだった。
ちっちゃいゆみちゃんのほかに、わたしの中にもう一人いる・・・?

自分はなんだかそんな感じがしてならない。
等身大の自分。自分のコピーみたいなやつがいて、わたしを振舞って、勝手に行動する。
もちろん、誰も気づかない。
なぜそんなことが言えるかというと、一度昨日のニュースに関するメモが出現して、その内容が5歳くらいの女の子が書いたと思えないものだったからだ。

なんだか嫌な感じだ。
ただ、Sちゃんは「大成に影響はないんだから、いいんじゃないの」と言っている。
大成に影響はないって・・・ちょっとあると思うんですけど。
母を罵倒しておいて、覚えていない件とか。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。