奈落の底 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

奈落の底

50s

もう駄目だ。
恋人Sちゃんについていけない。

昨日、わたしは歯ぎしりが治ったと思って喜んでいた。
でも昼過ぎ、Sちゃんとのチャットが始まる頃になって、またカチカチと歯ぎしりが起こってきたのである。

わたしはそのとき、なんだかわからないが、Sちゃんとチャットしたくないと思った。
それで、それをすっぽかして、横になって何をすることもなく、ゴロゴロしていた。
なんで、こんなにチャットしたくないんだろう・・・。
なんだかそのとき、わたしは何もかも放り出して、一人になりたい気分だったのである。

夜のビデオチャットのとき、わたしはそのことを謝って、しんどかったんだと告げた。
Sちゃんはいつも通り、いいよいいよ、と優しく言ってくれた。
でも、このときもやっぱり乗り気じゃなかったのである。
わたしはしょんぼりしながら話していた。
楽しくない・・・。

わたしは、もし他のカップルを見て、一人がまったく笑っていない、あるいは両方がまったく笑っていないのを発見したとしたら、このカップルはうまくいってないな、別れるなとj判断する。
カップルは必ず、少なくとも出来立てカップルは必ず、お互い一瞬でも顔を見合わせて笑い合っているはずだと思っている。
それでいくと、わたしは笑っていないどころか、普段からとても怖い顔をしているのだ。
それは、偶然サイドミラーで見つけた。
これって、出来立てカップルが楽しんでいるときにする表情か・・・?
断じて違う。わたしは、楽しんでいないのだ。

原因と考えられる要素を、ひとつひとつ糸をほぐしていくように、わたしは解決にのぞんだ。
だって、こんなにわたしを大事にしてくれる優しい人だもの。
わたしも努力しなきゃ。
そう考えたのである。

でも、最後にどーしても取り除けない障害があった。
つまり好みの問題。
話題だって、言動だって、お互い好き嫌いがある。
それが致命的に合わないのだ。
彼はおそらく、早い段階でそれに気がついて、わたしに合うように、いろいろ努力してきたんじゃないかと思う。
漫画の話をしたり、ゲームをしようと言ってきたり。
でも、素でそれが一緒に楽しめる人と、そうでない人との差はあまりにも大きい。
彼が寺や神社が好きなのに対し、わたしはUSJなどテーマパークが好きなのだ。
そんなの、直しようがないじゃないか。

ことごとく、それらが合わないので、わたしは楽しくないんだと思う。
ほんとうは、一緒にジェットコースターに乗って、わっはっはってやりたいのだ。
一緒に楽しんで、一緒に笑い合いたいのだ。
それが出来ない。
だから、つまらない、しんどい・・・になるんだと思う。

追い打ちをかけるかのように、昨日の夜のビデオチャットで、彼は悪い癖を出してきた。
彼は、まだ57歳なのに、おじいさんみたいに何度も同じ話をする癖がある。
わたしはそれが嫌いで、やめてくれと何度も言ってきた。
それなのに、昨日も「それ前に聞いた」と言っているのに、「まあ、これだけは言わせてくれ」と言うのである。
わたしが、なにか新しいネタを出してくるのかな? と思って聞いたら、オチまでまったく前と同じことを言ったのである。

わたしはそこで、パーンと切れた。
「ちょっと! なんで何度も同じこと言うのよ!! 聞いたって言ったじゃん!! あなたも同じ話何回もされたら、腹立たないの?!」
彼はひたすら、ごめん、悪かったです、を繰り返したが、もう遅かった。
駄目だ、もう彼はわたしには手に負えない。
どんなによくしてもらっても、いい人だってわかっていても、この人はわたしが大好き! になれる人じゃない。

そんなわけで、3連休は一緒に出かけるつもりだったが、キャンセルにした。
わたしは、Sちゃんのことをよく知っている母に、ことごとくぶちまけて怒っていた。
すると母は、こんなことを言うのである。
「あんたの精神年齢が若すぎるのよ。病気のせいで、30くらいで止まってるねん。普通50やったら、政治の話も少しはするし、家庭や子どもや孫の自慢とかするやろ。あっちはまともに働いてきて、会社でも偉いさんで、子どもも孫もおって、健常者やんか。そら難しいと思うわ。あんたはな、健常者とは無理。ずっと社会の風に当たってないから、年相応になってないねん」

・・・そういえばわたし、前彼は28歳で、ほぼ30歳。
あっちの方が話が合って当然か。
Sちゃんのせいにするんじゃなくて、自分が幼すぎることを自覚すべきだったのか。

そのことを指摘されてから、ますますSちゃんとは無理だと思った。
だって、精神年齢も直しようがないから。
昨日、わたしがオモチャの金色ドレス着てアホやっていたとき、「もーおまえ、ちょっといい加減にしない?」って突っ込んで欲しかったな。
金色のアホドレスを着たまま、ビデオチャットをずっとさせるんじゃなくてさ。

該当の記事は見つかりませんでした。