恋人へのプレゼント - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

恋人へのプレゼント

present2

ケータイの充電器が壊れた。
早速、AUショップに買いに行く。

このケータイは、もう10年くらい前から使っているもので、当時の彼氏とおそろいで購入したものだ。
べつに、記念に持っているというわけではない。
しかし、充電器が壊れるようでは、本体も買い替えた方がいいのかなと思って、あちこち見ていたときだった。

じゃーん! と登場しました、先日破壊した、前恋人Sちゃんからのプレゼント画像。
おいおい、こんなところで出て来るなよ・・・、また落ち込むじゃないか。
なにが落ち込むって、二人の思い出の品を、自分自身の手で破壊しなければならなかった心痛だ。
なんで、あんなことをさせたんだよう。
なかには、プレゼントしたんじゃなくて、単に二人が楽しむために、家から持ち込んだものだってあったじゃないか。
あれ、「家に送って」って言われれば、その通りにしたよ。
そんなに住所が知られたくなかったのか。

それにさー。
基本、プレゼントしたものは、その人のもので、その人が自由にしていいものじゃない?
あとから返せとか壊せとかって、反則だと思うんだよね。
少なくとも、アクセサリーとか身に着けるものは、もう使いようがないわけだから、そのままにしておけばいいじゃない。
いままでの彼氏で、プレゼントを返せとか壊せとか言ってきたやつ、一人もいなかったわよ。
なかには、エルメスの指輪@16万円を置いて行ったやつもいる。
刻印消せば、売れたと思うけどね。
でもそこは、美意識が働いたんじゃないのかな。

そんでわたしは、いままでの彼氏から何もらったっけ? と考えてみた。
○ボールペンとスケジュールノート
○帽子
○音楽CD
○革製ブレスレット
○エルメスの指輪
○エルメスの指輪
○カーテン
○シルバーネックレス
○ウールのブラウス
○大型犬のぬいぐるみ
○腕時計
○シルバーリング
○カセットテープ大量

・・・・・・少なっ!
というか、わたしは15年前に発病してからは、うつ期が12~4月に来るので、クリスマスもバレンタインもホワイトデーも誕生日(3月)も全部ナシで、ここ7~8年前までは、毎年その時期、入院していたのだ。
それに、発病前の15年以上前の若いときのことなんか、覚えてないよー!
だからたぶん、もっともらっていると思う(見栄?)。

んで、じゃあ、わたしが彼氏にあげたものって、なにがあったよ? と考えると、これがほとんど記憶にないのである・・・。
ここ数年の彼氏は、偶然みんな5月生まれだったので、わたしはそのとき躁期にいたはずで、プレゼントくらいしていそうなものなのに。
覚えているのは、
○刻印入りボールペン
○保温グラス

・・・・・・以上である。
不思議だよう? わたしは誕生日プレゼントもしていなかったのか?
もちろん、若いときのことは忘れているが、それにしたって、少なすぎだろ・・・。
これもたぶん、実際はもっとプレゼントしていると思う(見栄??)。
要するに、わたしにとってプレゼントは、あげちゃったらあとは好きにしてー、という位置づけにあるもので、決して「自分の痕跡」などではないのである。

そこが、前恋人Sちゃんとの、決定的な違いである。
彼は、「自分の痕跡を消すため」、プレゼントを全部破壊しろと言った。
でもわたしは、「プレゼントはもらったら、その人の自由にしていいもの」の考えの人である。
わたしはいまでも、アンクレットをプレゼントされたとき、大喜びしたことを覚えている。
でも、後味の悪い思い出になっちゃった。
あとから、返せとか壊せとか言われるんだったら、あんなに大喜びはしないよ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。