なんか知らないけどバトル - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

なんか知らないけどバトル

ken

ネットでしか生きられないアホちゃんとはさよならだ~と言いつつ、昨日ログを見ていたら、しまったことに、わたしの躁のときの悪いクセが出てきてしまった。
それは、報復である。

いままでに何度も、「こいつ、あたまに来るな」という人間に対して、わたしは数々の報復をしてきた。
これねー・・・うつ期に入って、冷静になると「自分は、なんであそこまでやっちまったんだ?」と不思議に思うんだよね。
でも躁のときは、カッカして、あとがどうなるとか考えない。
嘘だと思うなら、ぐぐってくれい。

そんで、SG(50代♀)さんが、スカイプグループWでのわたしの立場を悪くするために、わざと書いたメッセージ「Sちゃん(わたしの前恋人)がいなくなっちゃったから、Wも終わりだね」=「○○○(わたし)が出ていけば、Wは存続するのよ」に対し、わたしは報復を行った。
つまり、わたしが弱々しい被害者を演じたのである。
「Wでのわたしの登録を削除して、代わりにSさんを入れてあげてください。Wがなくなることは、わたしの本意ではないです」

これに対する答えは、予測できていた。
なぜなら、Wの親であるKさんが、Sちゃんのことを嫌っているどころか、憎んでいるふしがあったからだ。

果たして、Kさんはこう返してきた。
「Wはこのままでいきます。Sさんに関しては、賛否両論あったのですが、勝手ながら削除させていただきました云々・・・」

だいたい、まあこんなところね。
しかし、その後、Kさんへの返信を書いているうちに、ほかの人がわらわらと出てきて、「チャットなんだから、気楽に行こうよ」「そうそう」と言ってくれたので、ここで駄目押しいくかと思い、「でも、Sちゃんがいなかったら、Wはなくなるって・・・(;;)」と泣いておいた。
まーこれで、「SGが余計なことを書いたから、ややこしいことになった」という図式ができたかなと思う。

ところでこの話、現在進行形で続いている。
この記事を書いている最中、SGさんがなんだか長文のメッセージを、みんなにあてて送ってきた。
曰く、「いまのWはもともと××から移動してきたもので、Kさんのものじゃない。ある女性の書き込みにあっさり同情して、Sちゃんを削除してしまうKさんがわからない。KさんにSちゃんを戻してほしいと頼んだのに、まだ戻していない」であった。

これねー、わたしが要約したけど、人物名がいっぱい入っていて、わかりづらい文章だったのよ。
もっと推敲しろよなーって感じ。
あたま悪いんかな?
うん、悪いな。
だってSGさんは、じつはKさんの彼女なのに、わたしでもわかる、KさんとSちゃんの確執に気づいていないんだから。

そんで、お節介ながら、もっとおちょくってやれと思い(←躁が出てる)、彼女あてにメッセージを送った。
「Kさんを説得するのは難しいと思いますよ。なぜなら、Kさん自身がSちゃんを切ろうとしているからです。つまり、誰がどんな論争をしようが、結果は同じだったと思います。わたしは、わたしを除名にして、Sちゃんを入れてほしいというSGさんに同意します」

うはは。
じつはわたし、Wには二度と行かないつもりだから、捨て身でなんでもできるんだよね。
わたしは面白がっているけれど、この人必死なんだろうな。
たかがネットでの関係に、髪の毛振り乱してんじゃねーよ。

該当の記事は見つかりませんでした。