早くもクリスマス会の話 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

早くもクリスマス会の話

keybord

珍しく、本日2本目の記事です。

昨日は、デイケアをさぼってしまった。
駅まで送ってくれるはずの父が、大腸ガン検査に行ってしまったためである。

サテ、デイケアでは、そろそろ、皆さんのお楽しみ・クリスマス会の準備が始まる。
それにしても、幹事が気にくわん。
一人はエッチなおばさんで、もう一人は、わたしがフェイスブックで友だち登録をぶった切った人だ。
なぜぶった切ったかというと、この人は天然のボケで、みんながみんな「あのコメントはやばいと思った」という内容のコメントをして、わたしを激怒させたからである。

でもまーそんなことは抜きにして、例年通りでいったとすると、そろそろわたしは、余興の音楽演奏で、誰かと組んで、なんらかの演奏をする準備をしていただろう。
しかし、今年は誰もいない。
ギタリスト1はいま、作業所がメインになっているし、ギタリスト2は行方不明になっちゃったし、Sさんは死んじゃったし。

デイケアの帰りに、わたしと同じく呑み助のHさんと、焼肉を食べながら話した。
「誰でも、いつかは自分から去っていくもんですよね」
「うーむ」
「Hさんとわたしだって、いつかは別れるわけでしょ」
「あ? ああ、そうやな」

絶対、そうなるんだな。
わたしは、昔の男がカッコつけて言った言葉「酒だけは俺を裏切らない」というのを、採用させてもらっている。
人間は離れていくけれど、愛する酒は去っていかない。
だから、酒はわたしの一生の親友なのだ。

ところで、わたしは家にあるキーボードを眺めながら、「じゃあ、一人で演奏すっか・・・」と考えたりもしている。
ぱっとあたまに浮かんだのは、『星に願いを』。
ああいう曲って、いろんな音色が使えて、キーボード向きなんだよね。

「最初はキラキラのストリングス系で入って、2番以降はオーケストラにして、派手に」

わたしはエレクトーン出身なので、ああいう系の楽器は、聴いている側をビックリさせるのも、醍醐味の一つだと思っている。
いきなり音量を上げたり、いきなり全然違う音色を出したり。
「うわっ、カッコいいーー!!」って思わせたら、勝ちである。
そういう意味では、ほんとは「ルパン三世」やりたいんだけど・・・。
クリスマスだからな・・・。

しかし、最初にも述べたように、幹事2人が気に食わんので、クリスマス会自体に出席しないかも知れない。
それに、エッチおばさんはギタリスト1の元カノだからな。
この二人が組んで、音楽やるって話になっていたら、こっちの立つ瀬がないじゃん。
もっとも、勝ち負けでいうと、勝つ自信はあるけれどね。
だって、エッチおばさん、キーボードを持っているくせに、ピアノの音しか出せないんだもん。
キーボードをなんだと思っているんだ、まったく。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。