冷蔵庫なわたし - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

冷蔵庫なわたし

reizouko

ふはは。
昨日さんざん、フェイスブックにおいて、フランス国旗を掲げとるやつをこきおろしたが、こきおろすだけでは芸がないと思い、自分のページに、いままでISのテロにあった国の国旗を、わかる範囲で全部張ってやった。
だって、フランスだけに「フランスの平和と安全のために」なんて言ってるの、おかしいじゃない。
いままで、どれだけの国が、ISのテロリストの犠牲になっていると思っているのよ。
すでに、アラブ諸国では、「なんでフランスだけが」って不満が噴出しているようですよ。
当然だと思うわ。

ところで、昨日、ロシア旅客機爆破テロ事件が、ISの仕業だと断定されたわけだけど、あのフランス国旗を掲げている人たちは、今日はロシア国旗に変えないと、嘘だよね?
なにしろ、死者がフランスより100人も多いんだよ。
まー数の問題じゃないと思っているけどさ。
そんであの人たちは、ロシアの次はまた次の犠牲国、次の犠牲国、って具合にどんどん国旗を張り替えていくのかしら?
「テロを撲滅して、平和と安全を」って言うなら、ずーっとやり通すべきだよね。
わたしが言いたいのは、一時の薄甘い感傷で、大きな問題に首突っ込むなってことなの。
ロシアの国旗を張らなきゃ、アラブ人だけでなく、ロシア人からも抗議されても文句言えないんだよ?!

サテ、今日のアイコンが冷蔵庫になっているのは、わたしは見ての通り、毒舌家で、家でも「あんたは冷たい人や」と言われているからである。
「あんたの物の考え方は、人とは違うからわからん」そうだ。
この母は、わたしが幼い頃から、そう思っていたらしく、ふつう、子どもが喜びそうなもの―TVとか―にまったく興味を示さないとか、妙なところがあったらしい。

そんなわたしと母が・・・いや、全員に言われるのだが、一緒にTVなんか見ると、「もーうるさいから、あっち行って」となる。
なんでって、たとえば先日、海にシリア人の子どもが流されている、悲惨な画像が出たじゃない?
あれ見てわたしは、「この写真! 嘘くさい!! なんで手前に突っ立った男の足が写ってんの。すぐ、安否確認しなきゃならないのに。これ、流されてるのほっといて、わざと男の足を写してんだよ。おかしいでしょー」って、速攻突っ込んだんだけど・・・。
母としては、死者を悼まず、そんなところばかり見ているわたしの方が、冷たくて薄情な人間、ということになるらしい。

あるいは、クイズ番組を見ていても、母が「わあ、すごい。この芸人さん、ようこんな難しいこと知ってるなあ」と感嘆しているのをよそに、「こんなん、番組の裏でスタッフからカンペもらってないって、証明できへんやんか。番組を面白くするためなら、TV局はなんでもするやろ。真に受けん方がいいで」・・・とこれまた、母から言わせると、冷たい回答をしてしまうのであった。

TV以外でも、自分でも冷酷だなーと思うのは、先日父の大腸ガンの内視鏡検査があったわけだが、その写真を見て、母がため息をつきながら「お父さん、大丈夫やろうか・・・、もう心配で心配で」と言ってんのに、わたしときたら「死んだら、うちら、どうなるんかな? 貯金いくら?」と金の計算をしていたのであった。
いや、その過程ではカチカチとあたまが計算して、チーンと答えをはじき出しているのだが、口からついて出た言葉だけを拾うと、冷血だわな、やっぱ。

と、例を挙げれば、枚挙にいとまがないのだが、とりえず母からは、こころの底から冷たい人、薄情な人、と言われている。
たぶん、そうなんだろうなーと思う。
でも毒舌に関しては、変なものは変だと言うし、間違っていると思えば、読まなくていいよ、と思っている。
あの、嫌味じゃなく、本気でね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。