診察室で医師とバトル - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

診察室で医師とバトル

tree_fuyu

今日は診察日であった。
早速、H主治医に近況報告する。

「父が大腸ガンを再発させてしまって、もう駄目ってことになりました。抗ガン剤の治療も、辛くなったらやめると言ってます」
「うーーむ・・・。大腸ガンはね、いま男性のガンのトップになっているんですよ。去年は3位でしたけどね」
「それでわたし、その診察結果を聞いてから、また吐き気が止まらなくなったんです」
「うーむ。なにかあるの?」
「人間関係のことで・・・・・・」
「妹さんか」
「そうなんです。彼女、わたしとまったく連絡を取ろうとしないんです。友人を介してメッセージを送っても応答はないし。それと母親。彼女はまえに、妹が家に寄りつかないのは、わたしのせいだって言ってましたけど、あれ本心だと思うんです。なんかわたしに邪険にあたるというか」
「母親やからな・・・で?」
「たとえば、わたしが2階から1階に降りてきて、こたつでのんびりTVを見ていたとき、急に ” あんた、いまの妹からの電話、盗み聞きしてたやろ! ” とか怒鳴るんですよ」
「うーーむ」
「わたしはストレスでいっぱいです!! それにみんな、父の余命について、楽観的すぎるんですよ。1年とか2年とか。わたしは素人ですけど、そんなにもつわけないです! だって、手術してからたった1年なのに、大腸に2つのおっきなガン、腹膜全体にばらっとガンがあるって、こんなに進行が早いのは、予後も悪いに決まってます」
「まあ・・・、抗ガン剤がよく効く場合もあるけどね」
「わたしは、余命に合わせて、妹と折り合いをつけようとしたり、いろいろ頑張っているのに、母なんか ”なんでそんなに急ぐのよ! ”って怒るんです。余命を信じたくないのはわかるけど、客観的に見なきゃいけないこともあるじゃないですか」

そんで、しばらく、しーんとしていた。
H主治医、ごめんよ。
じつはわたし、「父の余命は1年もない」という点において、先生にカマをかけてしまったのだ。
H主治医は、「いや、そんな短くはないよ」と否定しなかった。
つまり、これは肯定なのである。

その後、薬局に行ったら、ななんと? これ誰の薬ですか? というくらい、いままでと違う薬が出ていた。
「あの、これ別人のですよ」とわたしが言って、新しく持って来てくれたが、これもまた、訳わからん向精神薬が入っている・・・。
しかも、そのうちの一つは、わたしが大きな副作用を出す薬だった。
「また病院に戻りますか?」と薬剤師さんに言われて、行かいでか! と病院へ舞い戻った。
すると、そこには「ばれちゃったか―」のH主治医の顔が。

「いやーー、なんだか、カルテがごちゃごちゃしちゃってねー」
「電子カルテにしたらどうですか?」
「うん、それも考えてるんだけどねー」
「わたしはずっと考えてましたけど」←嫌味
「でも、それやったら××さんの仕事を奪っちゃうからねー」
「それで、この薬、まえに目の上転やら斜頸したので」
「ふむ。(←直線で消してる)」
「それと、この向精神薬、なんですか。なんで、向精神薬が入ってるんですか?」(向精神薬は、躁うつ病において躁を下げる薬。)
「んーーー・・・・・・」
「お言葉ですが。わたし、飲まないかも知れません」
「(ぶすーーーーーーー!!!)」
「(あ、怒ってる怒ってる)・・・・・・そりゃ、先生は専門家で、絶対ですよ?――」
「絶対になってないじゃないですか・・・・・・家で喧嘩になったら困るでしょ」
「・・・・・・・・・・・・」
「とにかく、飲んでください。お願いします。お願いします。これだけ頼んでいるんだから、飲んでください」
「(そんなに必要な薬なのか)・・・はい」
「絶対、大丈夫やから。ちゃんと飲むんやでー」

しかし、こう書いてみると、わたしすごい躁が出てるな。
医者を相手に、どんだけ偉そうやねん。
こわー。
やっぱり、H主治医の言うとおり、たぶんいまは向精神薬が必要なんだ。
きっと、考えることが多すぎて、大脳がスパークしたんだな。
クールダウン、クールダウン。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。