死ぬまでに食べたいもの - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

死ぬまでに食べたいもの

botannabe
来週から、父の抗ガン剤治療が始まるので、それまでに美味しいものを食べたらいいんじゃない? の考えのわたしは、ふぐ、ナガス鯨の刺身、そして今回は通販で、ぼたん鍋セットを購入した。
ぼたん鍋なんて、偏食家の母は絶対食べられないだろうな。

でも、誰だって病気で寝込んでしまったら、「あれが食べたい・・・」っていうのが出てくるんじゃないのかなあ。
ただでさえ、父はふだんから北海道展だの何だの、食べ物を見て回るのが好きな人。
そういう意味で、わたしは今度、近所のものすごく美味しいラーメン屋にも、連れていってもらおうかと思っている。
ちなみに、わたしの「死ぬまえに食べたくなるだろう料理」は、豚骨しょうゆラーメン。
安上がりだよねー。

これで、抗ガン剤の副作用が出てこなければいいんだけど。
恋人Sちゃんの話では、そんなに楽なものでもないらしい・・・が、体質に関係するんだろうな、まえの同僚は乳がんで死んだが、抗ガン剤については、「全然なんともないよ」と言って、ふつうに仕事していた。
父にはいま、自覚症状がないので、「薬を飲んだ方が具合が悪い」になっちゃって、簡単に諦めそうな気がしないでもない。
だけど、そこで頑張るかどうかは、本人が決めることだからなー。

ちなみに、わたしだったら、ごはんもまともに食べられないような状態が続くなら、すぱっと諦めますね。
そんで、ありとあらゆる酒を飲みまくり、こだわりの料理を食しまくる。
ところが意外と、毎日さんざん贅沢を極めた料理を食べていても、最後はふつーにいま家で食べている、出来合いのそば、とかチキンラーメン、とかになるんだろうなという予感はする。
「究極のメニュー」「至高のメニュー」なんて、意味ないよ。
家でふつーに食べているものが、それだって。

とゆーことで、ぼたん鍋の次はなににすっかな、と考えてみたりする。
んー。
しかし父は、昨日の昼、食パンにべったりあんこを乗せて、食べていたなあ。
母とわたしの冷たい視線の前で、「アンパンや」なんて言って・・・。
「こういう食べ方をしてみたい」っていうのを実践中なのかな。
それも、悪くはないよね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。