躁でしゃべりまくり - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

躁でしゃべりまくり

mikan2

あーー眠い・・・・・・。
アカシジアという副作用が出たため、躁を下げる薬をやめたら、確実に躁が上がってきて、いま、人をつかまえてはべらべら一人でしゃべっているのである。
相手の様子で、自分ばかりがしゃべっているのがわかるのだが、止まらない。
昨日は眠いと言っている恋人Sちゃんを相手に、べらべらしゃべりまくり、その後母をつかまえてべらべら11時過ぎまでしゃべっていた。
すまないよ~。でもこれ、ほんと病気だわ。

母とは最初、なにを話していたか忘れたが、途中からしんみりした話になってしまった。
すなわち、「(ガンの)父親が死んだら、わたしたちはどうするか」というテーマの話である。
双方、懸案としたのは、
「母とわたしは仲が悪いので、いつまでも一緒に住むのは無理だ」
「いまは買い物は、母がチャリで行けるが、行けなくなったらどうするのか」
「もし母が、わたしのマンションに住めば、スーパーも病院も近くて好都合だが、わたしの年金が万が一3級に落ちたら、生活保護に入らなければならないので、マンションは売らなければならなくなる→ 母の住む場所がなくなる」
「だからといって、マンションを母の名義に変えると、母が死んだとき、妹に相続権が発生してしまう→ 嫌」

とまあ、書き出してみると、ほとんどがどっちがどの家に住むんだって話だな。
わたしは、もし母がこのまま不便な実家で住むならば、ネットスーパーは必須だろうと思ったので、「今度、パソコン教室を開いてあげるわ」と言ったが、今朝あれこれシミュレーションしてみると、やっぱり難しい。
ネットスーパーに辿り着いて、IDとパスワードを入れる段階まで最短距離をつくったとしても、初めてパソコンの画面を見る後期高齢者にとっては、目がぐるぐるするんじゃないだろうか。
だいいち、わたしのパソコンで練習するとしたら、複数の字がキーボードから消えているので困る。
パソコンのメンテはどうするんだっていう問題もあるし、んー。無理かな、やっぱ。

で、確たる結論は出ていないのである。
母は、「もう、縁起でもない話、やめよう」と言ったが、わたしは「いやこれは、縁起でもない話じゃなくて、確実に来る未来の話」と言った。
「正直な話、父親はあとどのくらい生きていられるかねえ?」
「・・・1年はもつと思うよ」
「わたしは数ヶ月だと思ったよ。でも、抗ガン剤をいつまで続けられるかが問題やね」
「お父さん、もうやめるなんか言うてるねん・・・。食べ物の味がわからんからって・・・。そんなん、小っちゃなことやのになあ・・・」

うーむ。
確かに、こらえ性のない父親やからなあ。
あと1年かー。
なんか結局、なんの展望もないまま、その日を迎えそうだな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。