バレンタインに悩む。 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バレンタインに悩む。

itachoco

「バレンタイン、なにか欲しいものある?」と恋人Sちゃんに訊いたら、「なんでもいい」と言うから、「チョコレートをあげる日になってるんだから、チョコレートだよね」ということで、チョコレートをあげることにしたのである。

で、試しにどんなのがあるんだろう・・・、Sちゃんはブラックチョコレートが好きなんだよな、とか思って、ネットで検索したら、えっ・・・、もう売り切れのものが出ているじゃないですか。
と言うよりも、いいなーと思ったら、全部売り切れって感じ。

みんな、フライングだよーとか思いながら、いろいろ見ていた。
わたしが、男性に本チョコをあげるのは、数えるくらいの回数である。
なぜだか、2月は彼氏がいない? いや、そんなことはないはずなのだが、遠距離とか入院とかで、会えなかったことが多いと思う。
でも、その数少ない経験を思い出しても、デパートは2月に入ると、もう混雑で大変だった。
その頃にはもう遅いんだよね。
いいのは、全部ソールドアウトしている。

「Sちゃん、いいのは全部売り切れだよ」と夜のスカイプで言うと、「まさか」と半信半疑だった。
男性の皆さんは知っているのかな?
まープレゼントなんてものは形式で、大外ししなければ何でもいいよね。

わたしは一応、オレンジピューレにブラックチョコレートをコーティングしたシロモノを、買い物かごに入れておいた。
でもいまいちなあ。
Sちゃんはもっと、コミカルなものが好きなんだよね。
二人の間で流行している、キティちゃんをプリントしたブラックチョコレートもあったが、なんだかとっても薄くて小さかった。

手作りチョコという手もあるが、これは娘さんたちが上手に作るらしいので、わたしはしない。
チョコレートやチョコレートケーキを手作りできる人って、すごいなー。
趣味:お菓子づくりって、男受けすんだよねー。
わたしも中学生の頃は、クッキーとか作っていたが、いかんせんうちの台所は狭いのであった。
台所が広くないと、お菓子は作れないよね。

仕方ない。病院帰りにでも、デパートを覗くことにしよう。
今年はコミカル路線だから、そんなに売り切れとかないだろう。
あーでも、そういうのでブラックチョコレートってあるのかな。
プレゼントというものは、いつだって悩ましいものである。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。